読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

静岡マラソン2017 その3

村の時間の時間

お待たせしました!村の時間の時間がやってまいりました。(・Д・)/

 

ブログの世界にはブログ村ってのがあってカリスマブロガーと呼ばれる皆さんがひしめき合ってるらしい。俺も登録してみたがなんだか場違い感が半端無くて放置プレイしている。カリスマブロガー達の記事更新を離れたところでビールを飲みお豆をポリポリ食べながら静観することが野良犬の俺には合っているようだ。(´Д` )へへへ。

 

でも村の時間の時間に踏み入りたくなる時がある。なんとなく楽しそうだ。皆さん仲もよろしい。俺のような奴が踏み入るなんて失礼極まりないが…。(´Д` )

 

 

スタートから15キロまで

マジで記録を狙うためにエントリーした俺はBブロックスタートだった。このブロックはサブ3からサブ3.15(3時間15分)を狙うランナーの集団だろうか?

号砲を待ちながら俺は1人のランナーを探していた。ブログ村のランナー萌え太郎さんだ!萌え太郎さんとはエア柴又をご一緒させて頂いた。(と言ってもエアなので会ったこと無いんだけど…)

「静岡マラソン出るんですね!ご挨拶できたらいいですね!」と言って下さったので遠慮なく村の時間の時間に踏み入るぜ!

何列か前方に 激沈上等 と書かれた 真っ赤なTシャツを着ているランナーを発見!おぉ!アレは最近ブームになっている村のカリスマブロガー キミ兄さんの激沈上等Tシャツではないか!!きっと萌え太郎さんだと思い後ろから声をかける。

「萌え太郎さん?」

萌え太郎さんだった。男前じゃないか!!ブログに登場する鬼コーチ(奥様)も応援に来てる!おぉ綺麗な方だ!でも鬼コーチの目で見てしまうからすげぇ怖い人に見えてきたぜ!あんまりジロジロ見るとぶん殴られるかもしんまい…(´Д` ) と思い、見ないように視界に入れていた。鬼コーチの鬼ぶりが炸裂したら絶対にブログに書こうと聞き耳を立てていたが期待した流れにはならなかった。ご挨拶をしてゴニョゴニョしてたらスタートの号砲が鳴った。

 

サブ3.5の記録を出すには1キロを4分58秒以内で走り続ける必要がある。同じペースを維持し続けるもしくは最初ゆっくりいって後半少しペースを上げるのが理想的ではあるが過去の経験から自分はそのような走りを苦手としていることは痛いほどわかっている。俺は前半速いペースで走り後半タレるダメなタイプの走りしかできない。自己記録を更新するのが目標であれば前半抑えて5分~5分10秒位でいくがそのペースでは絶対に3時間半を切ることはできない。もっともっと速いペースでなければいけない。

 

 

今年から静岡マラソンはコースが一部変更になった。スタートから安倍川を渡るまでの序盤が大きく変更になり5キロ程長くなった。その代わり30キロ辺りにあった海沿い地獄の折り返しが無くなった。

これが今年の序盤のコース図

f:id:marathondojo:20170314210114j:image

こっちは去年までのコース図

f:id:marathondojo:20170315211451j:image

上が今年、下が去年までの高低図です。

f:id:marathondojo:20170315211501j:image

見た感じで走りやすくなったように見えますが確かに走りやすくなったと思います。まぁ天気も良かったからってのもありますが。

 

号砲からスタートラインを越えるまで1分45秒かかった。周りのランナーのペースにあわせる感じで走る。サブ3を狙う 萌え太郎さん はあっと言う間に見えなくなってしまった。∑(゚Д゚) 挨拶しておいてよかったぜ。

 

最初の1キロは渋滞の影響を受けたがその後は設定した4分45秒ペースで大体いけた。

1~5km

6:01    4:46   4:39   4:47   4:38 

6~10km

4:46    4:45   4:44   4:46   4:49

11~15km

4:47    4:44   4:33   4:40   4:46

 

 

順調に走っていると安倍川橋を渡る手前でカンチョーされた。松パパだ!さすがサブ3.5の男!速いぜ!追いつかれてしまった。

「おぉ!!松パパさすが速い!!みんなちょっとペース速いよね~!俺、無理かも!」

「確かにちょっと速いね~!でも先行くね~!」

元気だなぁ~!スゴイ速さで行ってしまった。(´Д` )

 

レース前練習でやってた一番速いペースが4分50秒位だ。脚の調子が悪かったのでそれより速いペースでの練習はできていなかった。しかし今俺はそれよりだいぶ速いペースで走っている。大丈夫だろうか?失速は覚悟している。って言うかその時は必ずやってくる。それをできるだけ後ろにずらし落ち込みを最小限に抑える。今日はそれができるかどうかなんだ!

 

次回、

静岡マラソン2017   その4

に続く

 

 

ランキングはスタートから安定の失速!

人気ブログランキング