読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

第5回 飛騨高山ウルトラマラソン その7

前日のコース解説で、

「55キロ地点を何時に通過するかが完走できるかどうかのポイントになる。」

と丸山さんは仰ってました。

(丸山さんの写真はモチロンありません…)

 

「55キロ地点を12時に通過できれば残り45キロに7時間使える。12時を過ぎるようなら後の戦いが苦しくなる。」

というのが丸山理論だ。

 

初ウルトラの僕にとって丸山理論はわかりやすい目安になった。4時45分スタートの僕は15分前の11時45分に55キロ地点を通過できるかどうかがポイントになる。

 

長いトンネルの途中が55キロ地点。

11時27分 に通過した。

自分にとっていいタイムかは頭が回らなくてわからないけどとりあえず良かったと思った。

 

第3関門の丹生川支所 に到着!!

(ヘロヘロだけど…)

うぇーーーい!!

f:id:marathondojo:20160625161835j:image

焼そばとコーラを頂く!マジで旨いぜ!!

f:id:marathondojo:20160625161849j:image

ロキソニンもチャージして4つ目の難所、飛騨高山ウルトラマラソン名物の 千光寺 をめざす!

エイドの出口で綺麗なお姉さんがマイクでゼッケンナンバーと名前を呼んで頑張って下さいとエールをくれる。笑顔で応える。

 

「ばんばさん!

笑顔が素敵です!」

 

と言ってもらった。

好きです!ありがとう!付き合って下さい!

 

丹生川支所を通過したら千光寺です。71キロの選手とここからコースが分かれます。 71キロにエントリーしておけばよかった。と多くの選手が思ったでしょう。

でも僕はこの名物…

千光寺のある100キロじゃなきゃ!

オモローじゃねぇ!うぇーーーい!!

と思っていたのでこれに挑戦しなきゃ面白くない!

 

で…これは序盤の坂。

本気の坂は傾斜11%が約1.7キロ続きます。

写真を撮るのを忘れるほどの坂です。

f:id:marathondojo:20160626181929j:image

長い長い坂を登り千光寺に到着!

f:id:marathondojo:20160626182002j:image

ここから108段の石段を登ります。全員ヘロヘロ…。

f:id:marathondojo:20160626182017j:image

今度来る時は車で来るぞ!駐車場もあったしな!

と強く思うのであった…。

 

千光寺の坂を登りきると頂上にエイドがあります。

そこで補給して登ってきた坂を下ります。

下り嫌だなぁ~と思っていましたが。

 

なんでかわからんが…

覚醒!!

めっちゃ調子がいい!!

千光寺を越えた坂を下ります。

 

俺が一番速いぜ!!うぉおーー!!

 

と叫びながら坂を下る!

調子よく走っていると後ろからすんごい速いランナーが…

 

バンさん??

 

声をかけられる。

シューズ円陣をともにした三重のランナー ガッちゃん だ!

嵐先輩に続きスタートの15分差を詰められてしまった!

 

やられた!!

 

と悔しがる僕を見ながらカンチョーポーズに笑顔で横に並んだ ガッちゃん

暫く会話を楽しみながらの並走。

どうやら ガッちゃん も覚醒したようだ。ガッちゃんのスピードが半端なく速かったので潰されると思い…

 

先に行って下さい!!

 

と言う。凄いスピードで坂を下る ガッちゃん 。

 

へへへ。いいのかな?

カンチョーいくかもよ!

ψ(`∇´)ψ

 

ガッちゃんは凄いスピードで千光寺越えの坂を下っていった。何か箱根駅伝6区のランナーみたいだなぁ~って思いながら走る。走る姿がめちゃめちゃカッコイイ!!坂の上からエイドに到着したガッちゃんが見えた。

(65.8キロ地点 下柏林道終点)

坂を下りながら観察…。

ちょっと給水してすぐエイドを出たぜ!!

 

ガッちゃん!

めちゃカッコイイなぁ!!

と叫ぶ!

 

カンチョーも忘れるほどだ。

ガッちゃんのスピードにも勝てない!

カンチョー大戦どうなる!!??

ぬぬぬ!!

 

 

ランキングもどうなる?

人気ブログランキング