マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

庄内緑地グリーンランニング 9th

 庄内緑地グリーンランニング9th

2015年6月21日  日曜日

大会情報

エントリー  期間     2015年3月26日~2015年6月7日

エントリー 難度     ☆ 余裕あり(5段階評価)

参加料     個人 2160円  リレー 1人 1920円(小学生670円)

種目     30kmリレー(2~6人)、30km、20km、10km

スタート時間     10:00~

受付     当日受付(8:30~9:30)

参加賞     無し

荷物預かり     貴重品のみ(A4サイズのビニール袋に入る大きさまで)

駐車場     庄内緑地公園駐車場あり(有料)

会場アクセス     地下鉄鶴舞線 庄内緑地公園駅すぐ

コース  庄内緑地内モデルコース(1周 2.5キロ)

 

30キロ走を行うことがフルマラソン完走に向けていいことなのかわかりませんが、僕はやったほうがいいかなぁ〜と思っています。

 

みんなどんな方法で30キロ走をやっているんだろ?

給水とかそんなんはどうしてるんだろ?

コースは?路上だと信号で止まっちゃうよね?

未だに解決してない謎です。

(ランニングクラブなんかに所属していたら皆んなで助け合いながらできるんでしょうが…。孤独な人いるでしょ?僕以外にも!えっ?僕だけ?本当に?) 

 

距離もタイムも正確に測定したい、給水も欲しい、止まらず30キロ走りたい。ってなると誰かが開催してくれている大会にお金払ってエントリーしないと駄目なんかなぁ~って結論になり30キロ走れる大会を探しエントリーとなるのです。

 

30キロの大会といえばアールビーズさんが開催している30Kシリーズがお馴染みです。過去には名古屋30Kというのも開催されていたみたいですが何故か今はなくなってしまいました。

 

開催してくれ~~名古屋30K!ランニングも名古屋飛ばしかぁ〜〜!(反応なし)

 

ということで名古屋人の私が30キロ走れる大会を探したどり着いたのがこの大会という訳です。

 

本日東海地方は雷注意報発令、土砂降りの雨の中受付をします。

f:id:marathondojo:20150621161641j:image 

本当にやるんだろうか?自分から棄権はしたくないので誰かが

 

駄目だコリャ!

(いかりや限定)

 

って言ってくんないかなぁ〜。そしたらだっふんだくらいは言うよ。もしくはその辺の木に雷が落ちてくんないかなぁ〜。その場合は顔黒く塗ってフラフラ歩くことくらいはさせて頂きます。なんて考えちゃうくらいの大雨。静岡マラソンの時も雨だったけど比にならないな。酷すぎる。

 

コレも練習と考えよう。大体1人で練習する時にこんな雨の中走らないからな。走ってたらバカだよ!げっ!走ってるオッさんいるやん!すいません…。まぁ貴重な体験ですよ。

 

1周2.5キロのコースを12周走ります。庄内緑地公園のランニングコースは1周2.3キロ。足りない200mは芝生広場の方に延長してコースを作り半端にならないようにしています。

f:id:marathondojo:20150621164141j:image

この200mが本日の大雨でぬかるみになってしまいズブズブ。脚は滑るしスピード出ないしキツかったです。

 

スタート前からシューズの中までビショビショ。スタートしても水溜りだらけでジャブジャブです。リレーや10キロの参加者は水溜りを飛んで避けたりしてましたが、これから30キロ走る私はそんな走りを序盤にできない。

 

周回コースは飽きるというデメリットがありますが残りの距離をキロでは無く周で考えることができるメリットがあります。

 

あと10キロと考えるとまだまだスゴくあるように感じますが、あと4周なら短く感じる事ができます。

 

30キロ走した事ないけどできるやろか?というランナーの皆さんは一度チャレンジされたらいいと思います。

 

 

12キロ位走ったところで雨は上がりました。雨が上がるとどこからとも無く若者達が現れてBBQの準備をし始めます。

 

コースにもBBQの煙が…。

 

若者達よ。皆んなでキャピキャピ楽しそうだな!おぉ!女子もいるではないか!おじさんが若い頃は男しか友達いなかったし少なかったからキャピキャピした事なんかないぞ。皆んながキャピキャピしてる時おじさんは部活してたよ。ヒーヒー言いながら。おじさんになってもヒーヒー村の人間はヒーヒー言ってるんだな。おじさんもキャピキャピタウンの住人になりたかったよ…。

 

飛騨高山ウルトラマラソンのTシャツを着た女性ランナーの後ろを走る。なんて素敵なんだ。素晴らしくフォームがいい。おじさん得意のストーカーランというやつだよコレが。

 

22キロ位走ったところで別の若者の集団がカンパーイとやり出した。

 

君達、君達がいて僕がいる。あと8キロ走るまで待っていてはくれないか?そしておじ様を受け入れるというのはどうだ。人工的に作られた塩ならあるぞ!差し入れ可能だ!おぉ!女子がいるではないかぁ!

 

どうやらBBQの煙に燻されることしか許されないようだ…。

 

12周30キロを完走し、車に戻る。俺の隣に車を駐車してたオッさんは俺より先にゴールしていた。後からゴールした俺を見てドヤ顔だ。オッさんもヒーヒー村の住人か…なら仕方ねぇ。

 

 

参加料も安く、給水、記録の測定もありいい大会です。(完走証にはタイムのほか順位、2.5キロ毎のラップタイムなども記載されてます)

 

欲を言えば給水して下さってた係の方が水ばかり準備されていてスポーツドリンクは手酌状態だったこととそのスポーツドリンクがあんまり美味しくなかったことかなぁ。でも十分でしたよ。あくまで欲を言っただけです。

f:id:marathondojo:20150621164353j:image

 

私も皆さんも終わったらこんな状態。

f:id:marathondojo:20150621164541j:image

比較的綺麗な感じで撮れてますがシューズのぬか漬けみたいになってました。

 

さぁ!また次の大会でヒーヒー言いますか!