読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

京都マラソン 2016 その4

何だか走りたくない…。

疲れた…歩きたい…。
 
23キロ地点で猛烈にそんな気分になりました。
 
f:id:marathondojo:20160227152807p:image
このまま走っても、あと2キロ位しかもたねぇな。
歩いたら歩く走るを繰り返すことになるな…。
 
いまそんな自分にしてやれることは何だ!?
 
と考えた時に思い付いたのはポケットに入れているジェルを補給することでした。
 
30キロ地点を通過したら補給するつもりだったけど投入しとくか…。
 
実はこのジェルのネバッとした食感が苦手で初めて使った時に一口で捨てて以来、フルマラソンを走る時はいつも携帯しているが結局使わないと言う私にとってジェルは何の為に持っているのかわからないアイテムでした。
 
そんな嫌いな物に頼らざるをえない状況!
 
でも大丈夫!昨年末に企画ランニングをやった時にジェルの補給方法は練習済みなのだ!
 
一度にたくさん補給してはダメなのだ!
ネバネバがマズいから少しずついくのだ!
これでいいのだ!
 
23キロから25キロまで走りながら少しずつ少しずつジェルを補給。すると走れない感が無くなっていくのがわかりました。
 
今までフルマラソン5回走っててこの走りたくない感(走れない感)は筋肉のパワーと持久力と自分自身の根性が無いせいだとばかり思っていたけど…エネルギー切れ?
 
決めつけるのは早いかもしれないが今回のはエネルギー切れみたいだ。やっぱり身をもって経験することって大事。今までのしょっぱい撃沈の経験も必ずどこかでいきる!
 
 
僕もランナーの先輩方と同じで色んな走ることに関する本を読みます。もちろんそこに書かれていることはきっと正しいし成功への近道だと思います。でも今の僕の頭には全然入らないんです。僕のランは僕が作りたい! 少なくとも3年間は自分の体が感じることだけを信じたい。素人の変な癖がつくのかもしれませんが僕はトップアスリートじゃないのでそれでいいんです。気取っても仕方ない。誰かに教えられた道もいいけど道案内がいなくなった時どうするのか?って考えたら本当に初級の力をつけるまではあっちこっちにウロウロしながら力をつけなきゃダメかなと、こだわってます。そんなことしてたら仁和寺にある法師になってしまうかもしれないけど…それならそれでよし。
 
 
それにしてもよくもまぁ〜フルマラソンを今までほぼスポドリのみの補給で走ってきたものだ。我ながらすげぇわ。無知の力なんかね。
 
25キロ地点を過ぎた辺りで嵐パイセンとすれ違いました。サブ3.5のペーサーの少し後を走っています。
表情が少し辛そうでした。
 
先輩速いなぁ〜!先輩もキツイんだ俺も頑張ろう!
 
27キロ地点の植物園、すごく雰囲気もよく気持ちよく走れました。
その後は賀茂川沿いのコースもすごく気持ちよく走れました!
植物園から川沿いのコースめちゃくちゃ走りやすくてよかったです!
すごく好きなコース。
 
f:id:marathondojo:20160227161723p:image
先輩とすれ違ったことと補給のおかげで辛いながらも30キロ地点を過ぎ 35キロ地点の京都市役所を目指します。
 
その手前でまたまた嵐パイセンが来ましたよ。僕は市役所を目指し先輩はサブ3.5のペーサーの後を追いながら走ってます。35キロ手前若干余裕のあった僕は先輩に手を振り…
 
「嵐センパーーイ!!」
 
と声を掛けますが呼吸がいっぱいいっぱいで声が出ません。
それでも僕を見つけて下さりハイタッチ!
力を貰いました。
 
さぁ俺も35キロ地点の京都市役所で八つ橋食うぞ!
 
昨年の京都マラソンは(ランスマで見ましたが)京都市役所前のエイドで八つ橋が振る舞われたのです。
 
来たぜ!京都市役所!!
 
あれ? やつはし ないよ。やつはし。
 
バナナとイチゴをゲットし先を急ぎました。
八つ橋にありつけないとは!!
 
36キロ地点を過ぎ急に脚が重くなりました。
 
こりゃダメなやつだ!あと6キロも走らないかんのか?
もうジェルは無い。脚も無い。根性が試されるな。
 
ラスト6キロはただただ辛いだけでした。
なんかよくわからないアイドルグループみたいのが40キロ地点で歌うたってましたが、ちらっと見て かわいいなぁ~ と思っただけ。(元気じゃねぇか!)
 
平安神宮もあと少し!ゴールが見えてきた!
 
次回、感動?のゴールとその後
京都マラソン 2016  その5  に続きます
 
ランキングも参加してます。