マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

ONTAKE100 その6

第1関門のある(ウソ)32キロエイドに到着すると 松パパ タナカちゃん がいた。2人と談笑して一息つくと疲れも吹っ飛んだ。

 

先にエイドに到着していた2人は俺をおいて先にスタートした。エイドのんびり休憩推進委員会会長の俺はのんびりおにぎりを頬張って休憩。

おっ…おにぎりが好きなんだな。(´Д` )

 f:id:marathondojo:20170924103143j:image

第1関門の制限時間は6時間。これが厳しいと参加選手の多くが言っている。ここを通過できれば完走の可能性がグッっと高くなるようだ。ここまではだいぶ上りだし関門がなかなか現れないから相当踏ん張らなきゃいけない。GPSで距離見ながらギリギリペースで走っていると通過できないってオチになっちゃうだろう。

 

レースに参戦する前、トレイル初心者の俺は不安で不安でたまらなくてONTAKE参戦経験のある人たちに色々聞いてみなさんが言ってたことが…

 

コースが ガレガレ  ってこと。

 

おんたけのコースってどうですかねぇ~

ばんちゃんガレガレだよ!ガレガレ!

(そのガレガレがわからないんよ)(´Д` )ぼぇ〜

 

ってことでわからない事は調べる。これ小学校で習ったよ。( ^ω^ )

 

ガレ場 = トレイルランニングの世界では、岩が広がる路面のことをガレ場という

(鏑木毅 トレイルランニングトレーニングBOOKより)

 

わからん…わかるけどわからん。( ; _ ; )

 

とにかくずっとこんな感じの道が続く。これは走りやすい方かな。

f:id:marathondojo:20170924103227j:image

大きいのから小さいものまで石がゴロゴロしてます。

大きい石は躓くと転びます。中くらいのものは足を置くとゴロンと転がり転びそうになります。小さい石は足裏を刺激します。HOKAを履いていたので足裏のダメージはあんまりなかったけど。石で躓いたり滑ったりはすんごくしました。確かに走りにくい。

 

次の小エイドは50キロ地点だ。胸にソフトフラスクを2本、ザックにペットボトル1本(合計1.5リットル)を携行して走ってエイドで減った分を補充していく計画だった。俺は水分を結構取る方なのでトレイルレースでは多目に持つよう心掛けている。(ウソ)32キロから次のエイドまでは18キロあるが1.5リットルも飲み物があれば余裕!余裕!絶対余る!

 

45キロを超えちょっとキツくなってきた。俺のすぐ前を小柄な女性ランナーが走っている。100マイルの選手だ!一定のスピードでしっかりとした走り、やっぱり100マイルの選手は違うなぁ~と後を付いて行く。1人だとダレて歩きたくなるけど引っ張ってもらうことでなんとか先へ進むことができた。47キロ地点だろうか?道を曲がった所で急に給水所が現れた。

 

あれ??(´Д` )

次のエイドって50キロ地点だよなぁ~?

早くない?

あっ!そうか!私設のエイドだな!

これは!!(゚∀゚)

あと3キロくらい行ったら

本当のエイドがあるから。( ˘ω˘ )

そこで給水したら大丈夫!

私設の皆さんありがとう!(´∀`)でも俺は目の前を走る100マイルの女性ランナーの後を追って先に行くよ!

 

50キロの距離表示が見えた。そこにエイドは無かった。カラーコーンに50キロ地点って表示がくっつけてあるだけだ。

 

えっ??エイドは??((((;゚Д゚)))))))

俺のエイドリアンは??

 

まあ~曖昧だからもうちょっと走ったら出てくるかな?と思いながら走る。持っていた飲み物はだいぶ減ってきている。

f:id:marathondojo:20170924103421j:image

天然エイドステーションで湧き水を汲んで補給することもできたが少し先にエイドがある(予定)なのでそこまで頑張ろうと先を急ぐ。

 

しかーし!行けども行けども50キロ地点にあるはずのエイドは出てこなかった。補給のため携行していた飲み物は全て空になってしまい、100マイルの女性ランナーの後に付いていく元気も無くなってしまった。

 

喉乾いたなぁ~。喉の仏さんも干からびちまうぜ!

f:id:marathondojo:20170924103456j:image

ガタガタ言っても無いものは無いぜ!

とにかく出てくるまで我慢していかなきゃならんよ!(´Д` )ぼぇ〜

 

 

次回、

ONTAKE100 その7

お楽しみに!

 

 

 

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その5

スタートして10キロ以上はひたすら上りが続く。傾斜はそんなにキツくはないけど結構辛い。序盤ってこともあり周りに人が多いのでライト無くても他の人ので結構明るい。

 

コースマップを落とし動揺していたがエイドまでの距離、関門時間は頭に入っていたので少しずつ落ち着きを取り戻した。

 

そういや持ってるスマホにマップ写真入れてたわ。

面倒だけど確認できるぜ!大丈夫だ。(´Д` )

 

上りきると今度は下りだ。集団も少しばらけてライトが必要かな?

それにしても皆さんのライト明るくね?(´Д` )?

俺のライトはブラックダイヤモンドの200ルーメンだったけど、皆さんのと比べてすんごく暗く感じた。周りのライトが明る過ぎて俺のライトの明かりが消されてしまって見えなかったよ。後ろからすんごい明るい人が来ると自分の身体で足もとに影ができてこれまた全然見えないぜ!(´Д` )

 

ライト選びに関してはまだまだ勉強が必要だぜ!

 

エイドはまだか?まだか?と走っていたら 松パパ がやってきた。

バンさんいいペースだね!

いや前半涼しいうちに頑張らないとねー。

絶対暑くなるし、関門厳しいらしいから。(´Д` )  

だよね。

 

 

小エイド(23km)

2時間43分

23キロ地点にある最初のエイドに到着…

f:id:marathondojo:20170914115806j:image

水を補給し…

虫がすげぇー!すげぇー!と喜び写真を撮る。

f:id:marathondojo:20170914115833j:image

 

エイドを出て暫く走ってると タナカちゃん を発見。

あっ!タナカちゃん!(゚ω゚)

タナカちゃん脚が攣ったらしい。復帰第1戦まだまだ本調子じゃないのだ。

 

でもやっぱりすごいね。俺をおいて先に行ってしまった。

(´Д` )絶対追い付けないから無理に追いかけないからね〜!

 

最初のエイドから第1関門のあるCP1までは9キロ。

ちょっと頑張ったら着いちゃうよ。大したこと無いぜ!

 

30キロ地点の表示を確認…

3時間55分

しかーし!行けども行けども着かず…

(´Д` )あと2キロのはずなんだけどどーなってんだい!!

 

 

第1関門(32km)

4時間39分

(0時スタートなので時刻は4時39分です)

f:id:marathondojo:20170914115909j:image

距離表示が確かなら2キロ進むのに44分かかったことになります。

上り坂だったけどいくらなんでも1キロ22分もかかるわけがない。

 

因みにこれは一緒に参加した まこっちゃん が計測したデータ

f:id:marathondojo:20170914122739j:image

こっちが主催のOSJさんが出している高低図

f:id:marathondojo:20170914120017j:image

高低の山谷はだいたい一緒かな。ただ距離表示がかなりいい加減のようだ。30キロ地点を通過してあと2キロ頑張ろう!と踏ん張っていたけど心が折れてしまった。

実際にはこの高低図の37キロ地点ぐらいが第1関門だと思う。第1関門を出てから暫く下りだったから。

 

長い距離、しかもお山、距離表示が実際と違うと本当に心が折れるぜ!

さすがOSJさんだぜ!

よっしゃ!やってやるぜ!(´Д` )

何だか燃えてきた俺だった。(この時は…)

 

次回、

ONTAKE100  その6

に続く

 

 

 

人気ブログランキング

 

ONTAKE100 その4

日が沈んで寒くなってきた。100マイルのスタート時間の20時が近付いてきましたよ。100マイルのコース説明が始りましたが皆さん聞いてるのか聞いてないのかガヤガヤしてます。

 

さすがOSJさん、時間が足りなくなってコース説明途中で終わっちゃいました。

f:id:marathondojo:20170902081454j:image

 

100マイルの選手を見送る。どの選手もすんごく速そうです。それもそのはず100マイルは100kmに出場し14時間を切るタイムで完走しないと出場できません。

f:id:marathondojo:20170902081545j:image

俺がエントリーした100kmの部スタートは0時。あと4時間あります。車の中で晩御飯を食べ仮眠をとります。

 

あ~…あと4時間経ったらお山を100kmも走らなきゃならないのか。

やれやれだぜ。(´Д` )

 

車の外は真っ暗闇でしたがライトを点けたランナーがウロウロし始めました。スタートの時間が近付いてきたぜ。

 

スタート地点に移動しコース説明を聞く。一緒に参加の仲間達も集まってきました。

 

うぇ〜い!シューズ円陣やで!(≧∇≦)

f:id:marathondojo:20170902081708j:image

 

タナカちゃん、まこっちゃん、松パパと記念撮影。タナカちゃんは1カ月前の飛騨高山ウルトラマラソンを怪我のため欠場し今回は復帰レースだ。まだ調子が良くないみたい… 。

おっちゃん心配やでー!(´Д` ) ←自分の心配しろって!

f:id:marathondojo:20170902082350p:image

 

いよいよスタートだ!

いくで〜!!(´Д` )

f:id:marathondojo:20170902082414j:image

 

100kmのコースはこんな感じ。まず目指すは32km地点にある第1関門!ここに6時までに到着しなければならない。(6時間後ね)  このレースを何回も完走している さとりん姉さん からは「ばんちゃん!第1関門が厳しいからね!でも第1関門通過できたら絶対大丈夫だから!」 と言われていた。

f:id:marathondojo:20170902082439j:image

ホントか~~?でも姉さんが言うならそうなんか~!

確かに姉さんが言ったことで今まで違ったことは無い。ここは素直に信じよう。とりあえず第1関門を通過するのだ!

 

スタートして山に入るまでずっと上りだ。皆が頭に付けたライトがキレイだ。坂の途中で振り返り後方を見ると無数の明かりが迫ってきて何だか凄いぜ!写真を撮ろうと携帯を胸から出す…。

f:id:marathondojo:20170907121030j:image

あっ!!コースマップ落としてる!!(´Д` )

トレイルやウルトラマラソンの大会に出る時、俺は必ずコースマップを持って走る。マラソンの大会と違って距離表示が細かく出てないので今どのあたりを走っているかわからないからなんだ。今どのあたりか?この先上りか下りか?がわからないと結構不安だよ。

 

えーー!!まだちょっとしか走ってないよ!

90キロ以上残ってるよ!これはヤヴァいぜ!(´Д` )

 

スタートしてすぐ地図を落とした俺はかなり動揺していた。

 

あんたがたどこさ     地図は?

地図どこさ     おんたけさ

おんたけのどこさ     しーらん

おんたけさんには     ばんばがおってさ

それをりょうしが     鉄砲でうってさ

にてさ     焼いてさ     食ってさ

 

って食われるんかい!

地図どこさ?

童謡かい。って静かにツッコんでね。

そんなに面白くないから…。

 

 

 

もう地図は見つからないぜ!

ONTAKE100  その5

に続くよ!

 

 

ぶーろぐは     つづくーよ    どーこまーでーも

ってしつこいね。

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その3

ONTAKE100  装備編

 

ここで偉そうに言うまでも無くトレイルランニングってのは装備が大事なんです。マラソンと違って山に入っていくため自分自身に必要な物は全部持って走らなきゃなりません。

 

この装備ってので素人の俺は毎回反省することばかりなのよ。

( ´Д`)ぼぇ〜

 

今回のレースのエイドは全部で6ヶ所。水だけ貰える小エイドが3ヶ所、関門となっている場所にある大エイドが3ヶ所。大エイドでは水の他、少しではあるがおにぎりやバナナなどの食事の補給ができます。

 

100キロのレースを完走するためにどれくらいの補給が必要か?これは難しい話です。消費するカロリー分補給することがいいのかもしれませんが実際に身体が受け付けるか?って問題もあって人それぞれかもしれない。

 

補給で俺が一番考えるのは自分はどうか?って事です。

自分が思っている自分…(´Д` )……?

 

ジェルとかは嫌いじゃないけど好きじゃない。

レース中はBCAAとグルタミンを補給しながら走りたい。

(補給しながら筋肉疲労も内蔵疲労もこれで無いよ~と暗示をかける)

食べ物は好きな物を食べたい。おにぎりや豚汁は元気が出る。

 

ジェルを何十個も持って補給しながら走る人もいますが俺は苦手です。好きな食べ物が一番元気が出ますが好きだからといって何でも持っていけるわけでは無いし何を選ぶかは難しいですね。チョコレートとか溶けてドロドロになったりするし。色々試して自分に合う物を見つけることもレースの楽しみの1つだと思いますよ。

 

で、今回選んだのはこんな感じです。袋に入れた白い粉は怪しい粉ではありません。BCAAとグルタミンを混ぜた粉です。これを水に溶かしてスポーツドリンク替わりに飲みます。この写真の量をザックに入れ、同じ量を第2関門(63km地点)に預けるデポジットバッグに入れます。

f:id:marathondojo:20170816121358j:image

デポジットバッグにはこの他に替えのシューズ、ソックス、麦茶、コーラ、フルーツ缶、着替えのTシャツ、替えの靴下とシューズを入れておきましたよ。

 

f:id:marathondojo:20170902080437j:image

11.5リットルのザックの中に行動食の他、レインウェア(上下)、救急セット、サバイバルシート、ドリンクを入れます。これらは必携装備なので持ってないと失格になります。

 

ドリンクは1リットル以上持つように規定されていますが水分をよく摂る方なので1.5リットル持っていきました。スタート時は麦茶、BCAAのドリンク、ポカリを500mlずつね。胃のトラブルはあまり無いのでキンキンに冷やしてます。冷えてる方が少ない量でより飲んだ気がすると言うか、喉や口の渇きをなくすことができる気がします。

 

因みに装備品使ったか使わなかったか?

レインウェアや救急セットは何も起こらなかったので使うことはありませんでした。ジェルは2個だけ使用。2RUNとおにぎりは完食。BCAAはほぼ全部使用。ドリンクは麦茶がすごくよかったです。水はエイドで補給できるので最初は麦茶で正解でした。元気が出ました。デポジットバッグに入れたフルーツ缶、コーラもクーラーバッグに入れておいたので冷たくて大正解でした。俺がフルーツ缶を食べてるのを見て 「その手があったか!」 と他のランナーが言っていたのが印象的でした。

 

子供の頃から口にしている物は身体に馴染む感じがします。おにぎりや麦茶で元気になれたのは胃がそういう物を受け入れ慣れてるのからなのかもしれないと思います。

 

おっと!真面目に話してしまったぜ!(´Д` )

 

次回、

ONTAKE100 その4

いよいよスタートですよ!

 

 

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その2

ONTAKE 100 をどう走るか?

(以下、俺の超少ない経験から感じたことですので興味のある人だけ読んで下さい。)

 

タメにはなりませんが、あの走れない ばんば が走れているのだから大丈夫かもって安心できるかもしれないよ。(´Д` )うぇ〜い!

 

トレイルランってねマラソンの1.5〜2倍位疲れます。トレイルの25キロ位がフルマラソンと一緒ぐらいみたいな。(勝手に言ってることだからね。真剣に反論されたら泣くよ!累積標高にもよるし…天候にもよるし…)

ただこれからトレイルランの大会に出ようかなぁ〜と思っている人がこのブログを読んで下さっているのであればそれ位大変だと思って出てもらえたらいいと思います。

 

あと10キロ2時間以上かかる人はレースによっては(特に長い距離のレースは)完走が難しくなります。これも大会やコースがどんな感じとか考慮しなきゃいけない要因を排除して言ってますが10キロ2時間以上かかる人はレースを選んで参加しないととんでもない目に遭う確率がグッと上がります。ですので10キロ位のレースに出て、イケるイケないを判断するのもいいですね。

 

で…今回のONTAKE100は100キロで制限時間20時間。ちょうど10キロ2時間ペースなのです。100マイルにいたっては約160キロを24時間、それより速いペースです。

 

俺は超遅いのでこの10キロ2時間の壁と戦わなきゃいけない。過去の実績を見ると10キロ進むのにかかった時間… 新城  2時間以上、志賀高原 ほぼ2時間、白馬国際  1時間50分位、峨山道  1時間55分位  2時間の壁と毎回戦っているのであります。

 

これはヤヴァいです。制限時間20時間のおんたけも間違いなく苦戦することが見えております。で、過去にレースを完走した仲間にいろいろ情報を貰おうと頑張って得た情報と言えば…

 

大丈夫!大丈夫!完走できるよ!

コースはガレガレだぞ!気を付けろ!

OSJだからいろいろいいかげんだぞ!

最初の関門に間に合えば何とかなるぞ!

第2エイドのトイレは混むから第1エイドでトイレ行っとけ!

下手すりゃ40分位トイレ待ちするぞ!

 

くらいでした。 あ~すんげぇ不安!俺の不安を取り除いてくれる何かが欲しい!(´Д` )  とネットを色々見てたらこんな記事に出会ったのです。

 

ウルトラランナーへの道

OSJおんたけウルトラトレイル完走率100%

ウルトラセミナー

(リンクは貼らないので気になる人は探してみてね)

 

ここには色々タメになることが書かれていますがまず目に留まったのが 目標タイムを計算する項目で…

野辺山ウルトラのタイム × 1.17倍

= おんたけの目標タイム

ってやつです。こういうの大好きです!でも俺、野辺山走ったことないし…因みにナニナニ?チャレンジ富士五湖なら × 1.3倍、サロマ湖なら × 1.37倍ですって!

 

俺、飛騨高山しか出たことないけど飛騨高山だったらどれくらいだろうか?全然わからないけど × 1.4倍 みておけば大丈夫だよね。だよね!

俺の飛騨高山ウルトラの完走タイムは大体13時間なので ×1.4倍すると 18時間12分だ。大丈夫そうだな。たぶん…。ってことで17時間30分~18時間での完走を目標にしたのであります。

18時間の設定で各エイドと関門の通過時間を計算してみる…。

小エイド1(23km)   4時間10分 

CP1(32km)            5時間40分

小エイド2(50km)   8時間50分

CP2(63km)            11時間40分

CP3(78km)            13時間57分

小エイド3(90km)   16時間9分

ゴール(100km)      18時間

 

よっしゃ!とりあえずペース配分はこれでオッケー!

(о´∀`о)あら?なんとかイケそうじゃな〜い!

 

次回は装備編?

まだ走らないのか!ですって!?

許して!!(´Д` )

 

次回、

ONTAKE 100  その3

に続くよ! 

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その1

ONTAKE100

2017年7月15日~16日

 

大会情報

エントリー期間  2017年1月23日~2017年2月14日

エントリー難度  ☆☆☆☆☆

(ランネット約6分で終了、スポーツエントリーは約20分で終了)

参加料  12000円

種目  100マイル、100km

スタート時間 

7月15日 20:00 (100マイル)

7月16日 0:00(100km)

受付  7月15日 14:00~18:00

参加賞 

なんかBUFFみたいなやつ

f:id:marathondojo:20170717082034j:image

駐車場

松原スポーツ公園駐車場

コース

f:id:marathondojo:20170717082117j:image

 

ばんばは背中を見せない。

 

ただ、刀はいつでも磨いておいて鞘の中に収めておく。刀を抜かないところに侍の価値がある。

 

な~んてカッコイイこと言ってますがただ勝負を避けてるだけじゃね~のか!!?? ってね。

 

昨年11月に走った峨山道トレイルランがあまりにもキツくてトレイルランの世界から離れてしまっていたけどお山の季節到来!ってことでやってきましたYO!YO!ですYO!

 

名古屋から車で2時間ちょっとかな?

f:id:marathondojo:20170717090019j:image

やったぜ!この風景色んな人達のブログで見たやつだぜ!ついに俺もここまで来ちゃったよ!

(´Д` )ヤヴァいぜ!

f:id:marathondojo:20170717090124j:image

早く到着し過ぎて受付時間の14時まで待たなきゃだったけど少し早く受付してくれました。

f:id:marathondojo:20170723152043j:image 

受付場所で さとりん姉さん や 愛知会のアイドルランナー まこっちゃん に会って話してたら 師匠 もやってきて賑やかに。大会を運営してるOSJはまあ良くも悪くも適当だから気を付けなよと助言を頂く。

車に戻り快適に過ごせるようアレコレとやってみる。

f:id:marathondojo:20170723175651j:image

エンジンをかけてなくても窓を開けていれば爽やかな風が流れて悪くない。もうちょっと涼しければ…。窓全開だと色んな虫が入ってくるね。別にいいけどめっちゃくるのでどうしたものかと思っていたら虻がすんげぇ寄ってきた。どうやら俺が来てたTシャツの色(黄色)に反応してるみたい。あまりにも寄ってくるのでシャツを抜いで着替える。

よし!これで寄り付かなくなった。

とホッとしていたが…何か背中がムズムズする。気持ち悪いので車の角でムズムズする所を掻こうとしたら…。

ピシッ!

(´Д` )んが!何か刺したよ!

 

やってまった…(´Д` )

 

愉快なササレさん。

みんなが笑ってる〜🎵

f:id:marathondojo:20170723180627j:image

ばんば は背中を見せない

ただ、刀はいつでも磨いておいて…

(´Д` )ぶつぶつ…侍たるもの…(´Д` )ぶつぶつ…

 

すんません!

背中見せまくりでした!

(´Д` )

f:id:marathondojo:20170805093622j:image

こんなカッコよくはいかない…。

 

 

次回、

ONTAKE 100  その2

に続くよ。

 

 

人気ブログランキング

第6回 飛騨高山ウルトラマラソン その7

f:id:marathondojo:20170804053628j:image

千光寺の下り坂を下ると平坦な道が続くダラダラ長くて結構しんどい。

 

74.1キロ地点

国府B&G海洋センター

(14時21分 スタートから9時間21分)

f:id:marathondojo:20170805081949j:image

千光寺を出たあたりからハムちゃんずの mayuさん を抜いたり抜かれたりしていた。エイドでのんびり休みすぎるからなんだけど。

 

しばらくご一緒させてもらう。まぁのんびり休んだらいいよね~ なんて言いながら補給。靴も撮らせてもらう。なんかデートランみたいだね。へへへ。(´Д` )

f:id:marathondojo:20170804053854j:image

 

77.9キロ地点 村山公民館

(15時00分 スタートから10時間)

f:id:marathondojo:20170804053936j:image

のんびり休憩してたら死にそうな顔で キャラやん がやってきた。

ばんさ~ん。やばいよ~ダメかも。

おぉ!!キャラやん大丈夫か!?(・Д・)

相当キツそうだ。3月の静岡マラソンで一緒に撃沈ゴールをした キャラやん と今日も仲良く並走かな?

 

82.8キロ地点 グリーン薬局前

(16時15分 スタートから11時間15分)

f:id:marathondojo:20170804054002j:image

かにまんじゅういかがですか~~!!と言われちょっとびっくり。

えっ?蟹が入ってんの??((((;゚Д゚)))))))

いや蟹の形してるだけです!

f:id:marathondojo:20170804054033j:image

 

残り20キロもないぜ!いくぜ!って気合をいれます。

みんな疲れてますね。

 

正しいガードレールの使い方

f:id:marathondojo:20170804054117j:image

とりあえず載せておきます。

 

84キロ地点だろうか?71キロの選手とコースが分かれる2回目の分岐がある。分岐のところに女性が1人。

あっ!タナカちゃんだ!!(≧∇≦)

タナカちゃ~~ん!! (かわいい)

ばんばさぁ~ん!!

嬉しいなぁ~。タナカちゃんは朝からずっと自転車で移動をしながらみんなの応援をしてくれてる。本当にうれしいね。疲れもふっとびます。

コンニャク食べます?

こ?こんにゃく!?((((;゚Д゚)))))))

コンニャクゼリーです。

コンニャクゼリーを食べながら少し会話。

頑張れば13時間切れるかもだけど難しいかなぁ~。

いけそうだったら頑張るわ~。(´Д` )

頑張って下さい!

 

 

87.4キロ地点

八日市新鮮野菜販売所

f:id:marathondojo:20170804054334j:image

ここでいただける どぶ汁 めちゃくちゃ旨かったです。

 

エイドを出ると最後の坂です。通称ラスボス峠。

f:id:marathondojo:20170805082138j:image

 

93.3キロ地点 公文書館

(17時10分 スタートから12時間10分)

f:id:marathondojo:20170805082229j:image

食事ができる最後のエイドだ。

f:id:marathondojo:20170805082326j:image

キャラやんとパイプ椅子に座って休憩。2人ともボロボロだ。ボロボロ同士仲良く進む。

 

最後のエイド96キロ地点の八日町空き地にキャラやんより少し早く到着。なんとなくトイレに入ったりしてたら1人の女性がエイドで補給することも無く結構なスピードで通過するのが見えた。

あっ!あの人補給もせずに!

凄い速さで走ってった!(´Д` )

時計を見ると 17時36分 だった。

(スタートから12時間36分)

 

あと24分残り4キロ。俺の時計(ガーミン)は時刻を分までしか表示しないので実際は23分何秒しかないな。残り4キロを1キロ5分30秒ペースで走り続ければ13時間切れるね。

 

84キロ地点でタナカちゃんに言った言葉を思い出した。

13時間切れそうだったら頑張るわ~。

今、俺の前を通過した女性ランナーはできそうだったらでは無く、やってやるんだという目で走っていったな。できそうだったらじゃねぇー!やるんだよ!

 

俺もスピードを上げて走り出す。後ろからついてきてた キャラやん が小さくなっていく。

キャラやん!なんかゴメン!(´Д` )

しばらくしてさっきの女性ランナーに追いついた。俺のペースは感覚だけどキロ5分40秒くらい。女性のペースは6分以上に感じた。このペースではこの女性13時間切れないかもしれない。

頑張りましょう!

頑張ったら13時間切れます!(´・Д・)」

そうですね!

女性もペースを上げて俺の後を付いてくる。俺が引っ張る形になってしまった!(´Д` )結構しんどい!

96キロ走ってから急にペースを上げるのははっきり言っていいことじゃない。そんなことはわかっちゃいるけどやめられない。何回か膝がガクッっとなる。

 

飛騨高山ビッグアリーナが見えてきた。電池が残り僅かになった携帯を取り出す。尾諸市長いやいや國島市長との写真を絶対取らなきゃいけないからね。どんなに疲れてても忘れてはいけない。いろいろやらなきゃいけないことが多くて忙しいぜ。

 

アリーナ内の最後の坂をヒーヒー言いながら走る。

 

ゴーーーール!!!

f:id:marathondojo:20170805082402j:image

やったぜ!ベイベーー!!

f:id:marathondojo:20170805090708j:image

ギリギリだけどやれるもんだね。

 

 

次回、

ONTAKE 100  その1

初のトレイル100キロ挑戦です!

 

 

人気ブログランキング