マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

いびがわマラソン2017 その1

いびがわマラソン2017

2017年11月12日 日曜日

 

大会情報

エントリー期間 2017年5月29日~6月9日

エントリー難度 ☆☆☆☆ (先着順約30分で締め切り)

参加料 7000円(フル)、5000円(ハーフ)

種目 フル、ハーフ

スタート時間 9:45~(フル)、10:30〜(ハーフ)

受付 ナンバーカード事前送付

       安心カード受付

  (前日12:00~19:00、当日6:30~8:45)

参加賞

Tシャツ、キャップ、特産品のいずれか

 f:id:marathondojo:20171120152033j:image

(写真はTシャツ、完走メダルとタオル、記念品の甘酒) 

 

 

気が付いたらフルマラソンというものから随分離れてしまった気がする。ウルトラ、ウルトラ、トレイルって出てたらフルマラソンは俺にとって 古マラソン になってしまった。フルマラソンってどんな感じだったっけ??

(;´Д`A

 

 

そんな俺が人気のいびがわマラソンにエントリー。どう走ったらいいかわからんまま当日の朝を迎えてしまった。

 

どう走ったらいいかわからん俺は会場までどういったらいいかもよくわからん。仲間の のりのり に泣きついて電車の時間とか行き方を教えてもらう。ってか一緒に行ってくれないと行けない。完全に のりのり まかせで調べる気すら無い。 (´Д` )ぼぇ〜

 

のりのり の指定した電車に間に合うように名古屋駅に到着!

(・∀・)キチャッタ♡

 f:id:marathondojo:20171123102953j:plain

すぐに のりのり に電話をする。(1人は嫌)

のりのりたまきさん と合流。これで心配することは何もない。

6時10分発のJR東海道本線 大垣行き に乗車。

電車の中で酔いどれ ペンギン親父 も合流し4人で楽しく会場に向かう。

 

大垣からは養老鉄道に乗り換え揖斐駅

f:id:marathondojo:20171123103044j:plain

満員電車に揺られること26分。揖斐駅に到着!

f:id:marathondojo:20171123103123j:plain

ランナーしかおらへん。(´Д` )

揖斐駅から会場までは無料シャトルバスが出てます。列が横に広がっちゃってどの列に並んだらいいかわからんちんだったがヌルっと列に入れて、なんかいい感じに前のほうになり座席に座ることもできた。

f:id:marathondojo:20171123103205j:plain

 

うぉーー!!会場到着!!

f:id:marathondojo:20171123103251j:plain

何か久しぶりに華やかな楽しい場所に来た感じがした。

たくさんの仲間たちと合流し談笑する。

 清須のアブノーマルランナー をがわ

「ばんばが普通のマラソン大会におるの変だぞ!」

とバカにされたりしながらシューズ円陣!

f:id:marathondojo:20171123103436j:plain

 

相棒 のりのり はゼッケンをずらしてコーモン丸見せで走るようだ。 (つД`)ノキャー♡

f:id:marathondojo:20171123103327j:plain

スタート前、会場では元気なお兄さんお姉さんによるエアロビ的な準備体操が…あぁ華やかなマラソン大会だ。こういうのが平和でいいなぁ~。なんて思いながらノリノリで体操する のりのり を写真に撮る。

↓  かわいい中年だ!(*´꒳`*)

f:id:marathondojo:20171123103357j:plain

とかなんとかやってたらアッという間にスタートの時間になってしまった。どう走るか何も考えてないや!とりあえずエイドがいいって噂を聞いたからゆっくり走って4時間半くらいでいいかな?

いいよね?(゚ω゚)

f:id:marathondojo:20171123103508j:plain

 

 

次回、

いびがわマラソン2017

その2

に続くよ!

 

 

人気ブログランキング

 

 

ONTAKE100 その8

f:id:marathondojo:20171105181303j:image

出発できるよう支度を整える。ドラ兄に 先に行きます! と一言かける。まぁすぐに追い付かれてぶっちぎられるんだろうけど…。(´Д` )

 

第2関門を出ると次は78キロ地点にある第3関門を目指す。コース図で見るとギザギザとアップダウンがあってからドーンと下る。第1関門、第2関門までの事を考えたらどーって事は無いです。はずです(´Д` )

f:id:marathondojo:20171111211610j:image

 

70キロ地点

10時間55分

f:id:marathondojo:20171111205835j:image

 

第3関門(78km)

12時間3分

f:id:marathondojo:20171111205920j:image

素麺を頂く。旨かった…マジで。

f:id:marathondojo:20171111205942j:image

脚の疲れはあったけど何となくいける感じはあるぜ!相変わらず同じ様なガレたって言われる石ころだらけの林道をザクザク進む。

 

80キロ地点

12時間55分

f:id:marathondojo:20171111210026j:image

それにしても第2関門で 後ろにいるよ と聞いていた ポンペ先生さとりん姉さん はいつやってくるのだろうか?なんか2人に後ろから迫られてるのは不気味な感じがする(´Д` )

 2人の気配で背中がモゾモゾするぜ!早く抜いてくれーと思いながら先に進む。

 f:id:marathondojo:20171118170442j:image

 

小エイド(90km)

14時間9分

 

最終エイドは90キロ地点と事前のコース図にあったので90キロだと思って走っていると暫くして90キロの距離表示が出てきてガクッとなる。この90キロが正しいのなら通過時間は14時間21分。(´Д` )

 

あと10キロやでー!(´Д` )とダラダラ走っていたらゴール地点の賑やかな雰囲気が漂ってきた。とにかく早くゴールして終わりたい…(´Д` )

 

(写真は撮り忘れちゃったけど)

スタート地点でありゴール地点でもある松原スポーツ公園を大きくグルっと回ってゴールゲートを目指す。地味にしんどい(´Д` )

 

ゴーール!

f:id:marathondojo:20171111210203j:image

当初思ってたプランよりだいぶ早くゴールすることができた。やれやれと思ってたらゴール地点では表彰式が始まっていて、まこっちゃん タナカちゃん が表彰されていた。すげぇぜ!(´Д` )

参加者に振舞われていた豚汁を食べながら、ポンペ先生、さとりん姉さんの帰りを待った。俺にとっては雲の上の存在の先輩方を豚汁食いながら待つなんて失礼とは思ったけど…。豚汁のあまりの旨さに止めることはできなかった…。悪いのは豚汁が旨すぎるからだ!(´Д` )

f:id:marathondojo:20171111214803j:image

 

暫く待っているとポンペ先生が、それから姉さんも帰ってきた。途中色々あったのだろうがやっぱりキッチリ完走、余裕の笑顔は凄い!

 

噂通りのひたすら続くガレた林道、距離表示無茶苦茶のOSJクオリティーだが来年もまた出たいと何故か思う。不思議だなぁ(´Д` )

皆さんもどうですか?出たらわかりますよ!おすすめします。

 

 

次回、

いびがわマラソン2017 その1

多分すぐ更新??(´Д` )

 

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その7

携行していた飲み物は全部飲んでしまった。なんもない。無いとわかると余計に飲みたくなる。

 

50キロ地点のエイドはどこだ!?もうかなり走ってるぞ!

フラフラながらも進んでいるとスタッフの方が1人立っていた。

 

頑張ってくださーい!

50キロ地点のエイドってないんですかね?(´Д` )

ちょっとよくわからないです。

f:id:marathondojo:20171009095828j:image

 ??えっ!?ここは59.5キロ地点なの??

((((;゚Д゚)))))))

 

どうやら50キロ地点にあるというエイドは約47キロ地点にあった俺が私設と勘違いしたエイドだったみたいだ。第2関門の63キロ地点のエイドまで結局補給できないってことね。どっと疲れが出た。(´Д` )

 

仕方ない天然エイドで補給しよう。あと3.5キロ!すぐやで!(´Д` )

 

ひたすら繰り返す林道劇場 (´Д` )ぼぇ〜

f:id:marathondojo:20171101155221j:image

 

 59.5キロ地点から2〜3キロ走ったところで60キロ地点の表示が…きっと時空が歪んでいるのだろう…。

f:id:marathondojo:20171101155420j:image

叫びたくなるが喉が渇いてしまうのでやめておく。

f:id:marathondojo:20171101155510j:image

しかーし!行けども行けども第2関門現れず…。3.5キロどころか6〜7キロは走らされる…(´Д` )泣きそう…。

 

f:id:marathondojo:20171101155632j:image

本当かよ!

も…もう(´Д` )信じないぞ!


第2関門(63km)
9時間29分

(関門制限時間は12時間)

f:id:marathondojo:20171101160108j:image

やっと!やっと!マジで本当にやっと!到着!預けておいたデポジットバッグを受け取る。バッグの中にシューズ、ソックス、着替え、補給食とクーラーバッグにドリンクとフルーツ缶を入れておいた。

 

同じタイミングでドラ兄もやってきて俺の横に座って補給をしていた。ドラ兄も俺と同じフルーツ缶をおいしそうに食べている。普段はダンディーでかっちょいいドラ兄だけど何だかかわいく見えてくるね。フルーツ缶冷え冷えでめちゃ旨だった。おにぎりも食べて元気を取り戻した。この先も行けるで!

f:id:marathondojo:20171101160202j:image

補給をしながらドラ兄と他の仲間の話をした。スタートの時に会うことができなかったポンぺ先生は寝不足でボロボロになってるらしい。ポンぺ先生は速いからてっきり俺の前を走ってると思ってた。さとりん姉さんは安定の走りで順調みたい。もうすぐこのエイドに到着するんじゃないかってくらい。姉さんも走れるから先に行ってると思ってた。

 

給水もバッチリ!補給もバッチリ!ドラ兄と話もできて元気が出たぜ!!次の第3関門78キロ地点までまたテクテク行くだけやで!(゚∀゚)

 

 

次回、

ONTAKE100 その8

に続くよ!

 

更新ダラダラしてますが見捨てないで下さいね。

 

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その6

第1関門のある(ウソ)32キロエイドに到着すると 松パパ タナカちゃん がいた。2人と談笑して一息つくと疲れも吹っ飛んだ。

 

先にエイドに到着していた2人は俺をおいて先にスタートした。エイドのんびり休憩推進委員会会長の俺はのんびりおにぎりを頬張って休憩。

おっ…おにぎりが好きなんだな。(´Д` )

 f:id:marathondojo:20170924103143j:image

第1関門の制限時間は6時間。これが厳しいと参加選手の多くが言っている。ここを通過できれば完走の可能性がグッっと高くなるようだ。ここまではだいぶ上りだし関門がなかなか現れないから相当踏ん張らなきゃいけない。GPSで距離見ながらギリギリペースで走っていると通過できないってオチになっちゃうだろう。

 

レースに参戦する前、トレイル初心者の俺は不安で不安でたまらなくてONTAKE参戦経験のある人たちに色々聞いてみなさんが言ってたことが…

 

コースが ガレガレ  ってこと。

 

おんたけのコースってどうですかねぇ~

ばんちゃんガレガレだよ!ガレガレ!

(そのガレガレがわからないんよ)(´Д` )ぼぇ〜

 

ってことでわからない事は調べる。これ小学校で習ったよ。( ^ω^ )

 

ガレ場 = トレイルランニングの世界では、岩が広がる路面のことをガレ場という

(鏑木毅 トレイルランニングトレーニングBOOKより)

 

わからん…わかるけどわからん。( ; _ ; )

 

とにかくずっとこんな感じの道が続く。これは走りやすい方かな。

f:id:marathondojo:20170924103227j:image

大きいのから小さいものまで石がゴロゴロしてます。

大きい石は躓くと転びます。中くらいのものは足を置くとゴロンと転がり転びそうになります。小さい石は足裏を刺激します。HOKAを履いていたので足裏のダメージはあんまりなかったけど。石で躓いたり滑ったりはすんごくしました。確かに走りにくい。

 

次の小エイドは50キロ地点だ。胸にソフトフラスクを2本、ザックにペットボトル1本(合計1.5リットル)を携行して走ってエイドで減った分を補充していく計画だった。俺は水分を結構取る方なのでトレイルレースでは多目に持つよう心掛けている。(ウソ)32キロから次のエイドまでは18キロあるが1.5リットルも飲み物があれば余裕!余裕!絶対余る!

 

45キロを超えちょっとキツくなってきた。俺のすぐ前を小柄な女性ランナーが走っている。100マイルの選手だ!一定のスピードでしっかりとした走り、やっぱり100マイルの選手は違うなぁ~と後を付いて行く。1人だとダレて歩きたくなるけど引っ張ってもらうことでなんとか先へ進むことができた。47キロ地点だろうか?道を曲がった所で急に給水所が現れた。

 

あれ??(´Д` )

次のエイドって50キロ地点だよなぁ~?

早くない?

あっ!そうか!私設のエイドだな!

これは!!(゚∀゚)

あと3キロくらい行ったら

本当のエイドがあるから。( ˘ω˘ )

そこで給水したら大丈夫!

私設の皆さんありがとう!(´∀`)でも俺は目の前を走る100マイルの女性ランナーの後を追って先に行くよ!

 

50キロの距離表示が見えた。そこにエイドは無かった。カラーコーンに50キロ地点って表示がくっつけてあるだけだ。

 

えっ??エイドは??((((;゚Д゚)))))))

俺のエイドリアンは??

 

まあ~曖昧だからもうちょっと走ったら出てくるかな?と思いながら走る。持っていた飲み物はだいぶ減ってきている。

f:id:marathondojo:20170924103421j:image

天然エイドステーションで湧き水を汲んで補給することもできたが少し先にエイドがある(予定)なのでそこまで頑張ろうと先を急ぐ。

 

しかーし!行けども行けども50キロ地点にあるはずのエイドは出てこなかった。補給のため携行していた飲み物は全て空になってしまい、100マイルの女性ランナーの後に付いていく元気も無くなってしまった。

 

喉乾いたなぁ~。喉の仏さんも干からびちまうぜ!

f:id:marathondojo:20170924103456j:image

ガタガタ言っても無いものは無いぜ!

とにかく出てくるまで我慢していかなきゃならんよ!(´Д` )ぼぇ〜

 

 

次回、

ONTAKE100 その7

お楽しみに!

 

 

 

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その5

スタートして10キロ以上はひたすら上りが続く。傾斜はそんなにキツくはないけど結構辛い。序盤ってこともあり周りに人が多いのでライト無くても他の人ので結構明るい。

 

コースマップを落とし動揺していたがエイドまでの距離、関門時間は頭に入っていたので少しずつ落ち着きを取り戻した。

 

そういや持ってるスマホにマップ写真入れてたわ。

面倒だけど確認できるぜ!大丈夫だ。(´Д` )

 

上りきると今度は下りだ。集団も少しばらけてライトが必要かな?

それにしても皆さんのライト明るくね?(´Д` )?

俺のライトはブラックダイヤモンドの200ルーメンだったけど、皆さんのと比べてすんごく暗く感じた。周りのライトが明る過ぎて俺のライトの明かりが消されてしまって見えなかったよ。後ろからすんごい明るい人が来ると自分の身体で足もとに影ができてこれまた全然見えないぜ!(´Д` )

 

ライト選びに関してはまだまだ勉強が必要だぜ!

 

エイドはまだか?まだか?と走っていたら 松パパ がやってきた。

バンさんいいペースだね!

いや前半涼しいうちに頑張らないとねー。

絶対暑くなるし、関門厳しいらしいから。(´Д` )  

だよね。

 

 

小エイド(23km)

2時間43分

23キロ地点にある最初のエイドに到着…

f:id:marathondojo:20170914115806j:image

水を補給し…

虫がすげぇー!すげぇー!と喜び写真を撮る。

f:id:marathondojo:20170914115833j:image

 

エイドを出て暫く走ってると タナカちゃん を発見。

あっ!タナカちゃん!(゚ω゚)

タナカちゃん脚が攣ったらしい。復帰第1戦まだまだ本調子じゃないのだ。

 

でもやっぱりすごいね。俺をおいて先に行ってしまった。

(´Д` )絶対追い付けないから無理に追いかけないからね〜!

 

最初のエイドから第1関門のあるCP1までは9キロ。

ちょっと頑張ったら着いちゃうよ。大したこと無いぜ!

 

30キロ地点の表示を確認…

3時間55分

しかーし!行けども行けども着かず…

(´Д` )あと2キロのはずなんだけどどーなってんだい!!

 

 

第1関門(32km)

4時間39分

(0時スタートなので時刻は4時39分です)

f:id:marathondojo:20170914115909j:image

距離表示が確かなら2キロ進むのに44分かかったことになります。

上り坂だったけどいくらなんでも1キロ22分もかかるわけがない。

 

因みにこれは一緒に参加した まこっちゃん が計測したデータ

f:id:marathondojo:20170914122739j:image

こっちが主催のOSJさんが出している高低図

f:id:marathondojo:20170914120017j:image

高低の山谷はだいたい一緒かな。ただ距離表示がかなりいい加減のようだ。30キロ地点を通過してあと2キロ頑張ろう!と踏ん張っていたけど心が折れてしまった。

実際にはこの高低図の37キロ地点ぐらいが第1関門だと思う。第1関門を出てから暫く下りだったから。

 

長い距離、しかもお山、距離表示が実際と違うと本当に心が折れるぜ!

さすがOSJさんだぜ!

よっしゃ!やってやるぜ!(´Д` )

何だか燃えてきた俺だった。(この時は…)

 

次回、

ONTAKE100  その6

に続く

 

 

 

人気ブログランキング

 

ONTAKE100 その4

日が沈んで寒くなってきた。100マイルのスタート時間の20時が近付いてきましたよ。100マイルのコース説明が始りましたが皆さん聞いてるのか聞いてないのかガヤガヤしてます。

 

さすがOSJさん、時間が足りなくなってコース説明途中で終わっちゃいました。

f:id:marathondojo:20170902081454j:image

 

100マイルの選手を見送る。どの選手もすんごく速そうです。それもそのはず100マイルは100kmに出場し14時間を切るタイムで完走しないと出場できません。

f:id:marathondojo:20170902081545j:image

俺がエントリーした100kmの部スタートは0時。あと4時間あります。車の中で晩御飯を食べ仮眠をとります。

 

あ~…あと4時間経ったらお山を100kmも走らなきゃならないのか。

やれやれだぜ。(´Д` )

 

車の外は真っ暗闇でしたがライトを点けたランナーがウロウロし始めました。スタートの時間が近付いてきたぜ。

 

スタート地点に移動しコース説明を聞く。一緒に参加の仲間達も集まってきました。

 

うぇ〜い!シューズ円陣やで!(≧∇≦)

f:id:marathondojo:20170902081708j:image

 

タナカちゃん、まこっちゃん、松パパと記念撮影。タナカちゃんは1カ月前の飛騨高山ウルトラマラソンを怪我のため欠場し今回は復帰レースだ。まだ調子が良くないみたい… 。

おっちゃん心配やでー!(´Д` ) ←自分の心配しろって!

f:id:marathondojo:20170902082350p:image

 

いよいよスタートだ!

いくで〜!!(´Д` )

f:id:marathondojo:20170902082414j:image

 

100kmのコースはこんな感じ。まず目指すは32km地点にある第1関門!ここに6時までに到着しなければならない。(6時間後ね)  このレースを何回も完走している さとりん姉さん からは「ばんちゃん!第1関門が厳しいからね!でも第1関門通過できたら絶対大丈夫だから!」 と言われていた。

f:id:marathondojo:20170902082439j:image

ホントか~~?でも姉さんが言うならそうなんか~!

確かに姉さんが言ったことで今まで違ったことは無い。ここは素直に信じよう。とりあえず第1関門を通過するのだ!

 

スタートして山に入るまでずっと上りだ。皆が頭に付けたライトがキレイだ。坂の途中で振り返り後方を見ると無数の明かりが迫ってきて何だか凄いぜ!写真を撮ろうと携帯を胸から出す…。

f:id:marathondojo:20170907121030j:image

あっ!!コースマップ落としてる!!(´Д` )

トレイルやウルトラマラソンの大会に出る時、俺は必ずコースマップを持って走る。マラソンの大会と違って距離表示が細かく出てないので今どのあたりを走っているかわからないからなんだ。今どのあたりか?この先上りか下りか?がわからないと結構不安だよ。

 

えーー!!まだちょっとしか走ってないよ!

90キロ以上残ってるよ!これはヤヴァいぜ!(´Д` )

 

スタートしてすぐ地図を落とした俺はかなり動揺していた。

 

あんたがたどこさ     地図は?

地図どこさ     おんたけさ

おんたけのどこさ     しーらん

おんたけさんには     ばんばがおってさ

それをりょうしが     鉄砲でうってさ

にてさ     焼いてさ     食ってさ

 

って食われるんかい!

地図どこさ?

童謡かい。って静かにツッコんでね。

そんなに面白くないから…。

 

 

 

もう地図は見つからないぜ!

ONTAKE100  その5

に続くよ!

 

 

ぶーろぐは     つづくーよ    どーこまーでーも

ってしつこいね。

 

人気ブログランキング

ONTAKE100 その3

ONTAKE100  装備編

 

ここで偉そうに言うまでも無くトレイルランニングってのは装備が大事なんです。マラソンと違って山に入っていくため自分自身に必要な物は全部持って走らなきゃなりません。

 

この装備ってので素人の俺は毎回反省することばかりなのよ。

( ´Д`)ぼぇ〜

 

今回のレースのエイドは全部で6ヶ所。水だけ貰える小エイドが3ヶ所、関門となっている場所にある大エイドが3ヶ所。大エイドでは水の他、少しではあるがおにぎりやバナナなどの食事の補給ができます。

 

100キロのレースを完走するためにどれくらいの補給が必要か?これは難しい話です。消費するカロリー分補給することがいいのかもしれませんが実際に身体が受け付けるか?って問題もあって人それぞれかもしれない。

 

補給で俺が一番考えるのは自分はどうか?って事です。

自分が思っている自分…(´Д` )……?

 

ジェルとかは嫌いじゃないけど好きじゃない。

レース中はBCAAとグルタミンを補給しながら走りたい。

(補給しながら筋肉疲労も内蔵疲労もこれで無いよ~と暗示をかける)

食べ物は好きな物を食べたい。おにぎりや豚汁は元気が出る。

 

ジェルを何十個も持って補給しながら走る人もいますが俺は苦手です。好きな食べ物が一番元気が出ますが好きだからといって何でも持っていけるわけでは無いし何を選ぶかは難しいですね。チョコレートとか溶けてドロドロになったりするし。色々試して自分に合う物を見つけることもレースの楽しみの1つだと思いますよ。

 

で、今回選んだのはこんな感じです。袋に入れた白い粉は怪しい粉ではありません。BCAAとグルタミンを混ぜた粉です。これを水に溶かしてスポーツドリンク替わりに飲みます。この写真の量をザックに入れ、同じ量を第2関門(63km地点)に預けるデポジットバッグに入れます。

f:id:marathondojo:20170816121358j:image

デポジットバッグにはこの他に替えのシューズ、ソックス、麦茶、コーラ、フルーツ缶、着替えのTシャツ、替えの靴下とシューズを入れておきましたよ。

 

f:id:marathondojo:20170902080437j:image

11.5リットルのザックの中に行動食の他、レインウェア(上下)、救急セット、サバイバルシート、ドリンクを入れます。これらは必携装備なので持ってないと失格になります。

 

ドリンクは1リットル以上持つように規定されていますが水分をよく摂る方なので1.5リットル持っていきました。スタート時は麦茶、BCAAのドリンク、ポカリを500mlずつね。胃のトラブルはあまり無いのでキンキンに冷やしてます。冷えてる方が少ない量でより飲んだ気がすると言うか、喉や口の渇きをなくすことができる気がします。

 

因みに装備品使ったか使わなかったか?

レインウェアや救急セットは何も起こらなかったので使うことはありませんでした。ジェルは2個だけ使用。2RUNとおにぎりは完食。BCAAはほぼ全部使用。ドリンクは麦茶がすごくよかったです。水はエイドで補給できるので最初は麦茶で正解でした。元気が出ました。デポジットバッグに入れたフルーツ缶、コーラもクーラーバッグに入れておいたので冷たくて大正解でした。俺がフルーツ缶を食べてるのを見て 「その手があったか!」 と他のランナーが言っていたのが印象的でした。

 

子供の頃から口にしている物は身体に馴染む感じがします。おにぎりや麦茶で元気になれたのは胃がそういう物を受け入れ慣れてるのからなのかもしれないと思います。

 

おっと!真面目に話してしまったぜ!(´Д` )

 

次回、

ONTAKE100 その4

いよいよスタートですよ!

 

 

 

人気ブログランキング