読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラソンバカ一代

何となく走り始めたら坂道を転がるように止まらなくなってしまったマラソンバカの日記

第6回 白馬国際トレイルラン その7

大会レポート 2016

山の斜面で待つこと約20分。

下から蜂駆除班が登ってきた!

うぉ~駆除班!

この登りを登ってきたぜ!!

すげぇー!\(^o^)/

並んで待ってた選手たち全員が 駆除班いいぞー! と声援を送り拍手します。何かいいですね。

 

駆除班到着後しばらくして列が動き出しました。

おぉ!動いた!(゚o゚;;

渋滞の列はすごく長くなっていて上を見ても下を見てもどこまで続いているのかわからないくらいでした。しばらく登ると駆除班がスプレーで蜂と戦っていました。

めっちゃおるやん!!

((((;゚Д゚)))))))

俺が渋滞で待ってたところにも蜂がいたけどここは凄い!

ありがとうございます!!

とお礼を言って先に進みます。

駆除班のスタッフも 蜂さんごめんねぇ~ って言いながら駆除してました。

 

渋滞の列で待っている時にご婦人が39キロ地点じゃないかと仰っていたので信じていましたがもうちょっと下、38キロ地点じゃないのかなぁ~?まだまだ頂上のエイドにはだいぶ距離がありそう。

 

渋滞してたから当然俺の前にも後ろにもすぐ人がいて間隔が無い。ってことは俺の ぜーはー休憩 が制限されちゃうのよ!後ろから来る人の邪魔にならないよう横にズレて ぜーはー休憩 すると繋がって登ってくる人たちに抜かれます。抜かれるのは別にいいんだけど列に入るのが大変!狭い間隔に入れさせてもらい暫く登ってまた列から外れ休憩してました。そのおかげで自分のペースで登る~休むができなくてここの登りが一番消耗しました。

 

第7エイドの 夢農場エイド まで来たら後は大きな難所もなく山を降りるだけです。

気持ちよく坂を下ります。下りの茂みにランナーが2人倒れていてビックリして声を掛けます。

大丈夫ですか!?∑(゚Д゚)

脚攣っちゃいました~。大丈夫で~す。

何かあると皆で声を掛け合います。無視して素通りする人なんていません。いいなぁ~って思いながら楽しく下っていると。

 

ピィッシーーーン!!(>_<)

って音が脚元でしました。っていうか正確にはしたような気がした?かな?

ふくらはぎをプスッって刺された痛み!あっ!?何かに刺された!?って思い止まる。刺した何かはもうどこにもいない。あぁ結構痛いぞ!

 

参った…ゲームオーバーだ。(´Д` )

葬式は盛大に上げてくれ!頼んだ!

f:id:marathondojo:20160922222145j:image

トレランしようと  山まで出かけたが

虫に刺されて  愉快なササレさん

みんなが笑ってる~

ササレさんだぜ!!

 

痛みはあるが走りに影響はなさそうだったのでそのまま走る。次のエイドで診てもらえるかな?とりあえず走るしかないぜ!途中にスタッフがいて蜂に刺されたランナーがスタッフに診てもらってました。結構辛そうだ。俺も心配になってきてスタッフに聞く。

 

僕も何か蜂みたいなのに刺されちゃったかもなんですが大丈夫ですかね~。

今まで蜂に刺されたことある?

いや、無いです。

じゃあオッケー!!

ホントかよ!!(つД`)ノ

 

俺のやや後ろを走っていたランナーが山から降りてきたが皆さんササレさんだ!

うわー!大丈夫ですか?って聞いたら 2カ所刺されました~って普通に答えて走っていった。なんかすげぇなぁ~。

 

エイドまであと2.5キロ!ひゃぁ~おっかないぜ!!

f:id:marathondojo:20160922222107j:image

途中蜂におびえながら第8エイド グリーンスポーツの森エイド に到着!

f:id:marathondojo:20160922222228j:image

スタッフの方に助けて頂く。ササレさんが大勢集まっていました。

f:id:marathondojo:20160924181021j:image 

蜂渋滞やトラブルがあって9時間完走ペースから25分位遅れてしまった。

9時間切りはちょっと難しい感じだ。トラブルが無く、もし急げば9時間切れる時間で完走できる感じだったらきっと最後もしっかり走ったと思うが無理だとわかって最後にダレてしまったのは今回の反省点の1つ。

f:id:marathondojo:20160922222240j:image

ゴールが近くなり地元の皆さん、スタッフの方々、ゴールした選手たちがゴール前のコースに並んで声援を送ってくれた。泣きそう…。最後ヘロヘロだったのでゴールの写真を撮り忘れちゃった。

9時間17分… 俺の長い旅は終わった。

 

宿泊先に戻り(地下通路を通り)お風呂に入らせて頂く。

生き返るね。

近くのローソンでノンアルビールとからあげクンを買い乾杯!

f:id:marathondojo:20160922222300j:image

体にしみる!生きてることを実感する。

全てがいい思い出になった。

 

最後にダレたこととポイズンリムーバーを携行しなかったことは反省!51キロのトレイルレースをほぼ予定通りに走れたことはちょっと自信になったけどスタッフの皆さまがコース整備をしてくれていたことと天候がよかったおかげなので、自分の実力ではないかな。厳しい状況だったら制限時間に間に合ったかわからない。

 

初めてトレイルランニングのレースに出る方にはおススメの大会だと思います。気になる方は是非来年エントリーしてみてはどうでしょうか?

 

次回、企画ランニング

朝まで生マラソン(予定)

お楽しみに!

 

ランキングもよろしゅう。

人気ブログランキング

 

 

第6回 白馬国際トレイルラン その6

大会レポート 2016

31.8キロ地点の 塩島エイド を出ると…

3つ目の山 東山 まで約4.8キロ厳しい登りもなく

体力を温存しながらいくぜ~~!!

f:id:marathondojo:20160921154449p:image

さすがにロングにエントリーしてる選手は経験豊富なランナーばかりで皆さん余裕で走って行きますね。俺は初心者の鈍足なんでタイムや順位は気にしないようにしている。まだそのレベルじゃないからね。後ろからランナーが来たらもうどんどん道を譲ります。で後ろを付いて行って走り方を見て勉強させてもらってます。百聞は一見に如かずです。

 

階段状の下りで俺の前をご婦人が走ってて階段を1段降りるたびに両手がバンザイのようにヒョコっと上がるので

そういうおもちゃみたいだなぁ~  \ (´Д` )/ 

って思いながら後ろに続いていました。

段降りると両手あがるぞ! \ (´Д` )/

って見てたらヒョコって両手が上がって、俺も真似したくなったので 両手バンザイ降り \ (´Д` )/ でご婦人と一緒に階段を降りてました。たぶん俺の後ろに続いてた人はめっちゃ面白かったと思う。

ご婦人マネしてごめんなさい!

そういうこともやったりしながら勉強、吸収…

そして成長…。

 

 

第6エイド35.6キロ地点の 大出エイド に到着!

9時間完走ペースなら13:13に到着予定だが40分位早く着いた。

このままならちょっとダレても9時間は切れそうだ。なんなら8時間半切りもあるかもしれない。でもあんまり色気を出してはダメだね。そういうこと考えると失敗するから!(;´Д`A

f:id:marathondojo:20160921154521j:image

水、コーラを飲み、漬物とドーナツを食べる。

も~!(≧∇≦)超旨いぜ!!

世の中に旨い食いもんって沢山あるけどレースのエイドで食べるものってめっちゃ旨いよ!まぁ走ってる皆さんはよくわかると思うけどね。(走らない人にこの旨さを伝えたいんだけどね~)

 

 

ウルトラマラソンもそうだが長い距離を走るトレイルランも本当に過酷。

 

でもね、生きてることを実感できる。汗がブワッっと噴き出し、苦痛に顔を歪め、美しい景色に感動し、人の温かさに嬉しくなり、自分の弱さに怒り、旨い食べ物や飲み物が体に染み渡る。

あぁ~俺は今生きてるぞーー!!

うぇ~~い!!ψ(`∇´)ψ

って叫びたくなる。人生の中で生きてることを実感する瞬間ってそんなに無い。でも最近は少なくとも2ヶ月に1回は生きてることを実感してる。生きてることを実感するとそれが感謝になり不思議と優しい気持ちになれる。

 

ウルトラマラソンのランナーやトレイルランナーに最近は出会うことが多くなった。皆さん本当に素敵でとても優しい。そんな経験の積み重ねが素晴らしい人格を形成してるんじゃないかなぁ~なんて思う。俺も長く続けていれば速くはならなくても優しい素敵なおじさんになれるだろうか?

 

って考え事しながら走ってたら3つ目のお山の前 ハイランド入口 まで来たよ。

お山は1日2山まで!って

高橋名人 が言ってたぞ!!

それを言うなら ファミコンは1日1時間 か。(´Д` )

f:id:marathondojo:20160921154539j:image

もうね。2山で太ももの前!完全に使い果たしました。_| ̄|○

登りの練習不足と下りも技術がないのでブレーキかけまくりで相当筋肉使っちゃいました。もうパンパンです!

 

皆さん歩くとはいえ全然余裕があるように見える。普通に静かに登っていきます。

俺の場合はまず ぜーはーぜーはー 言い始め…

次に声がでる。ぬぅ~~!!ぐぁ~~!! と言い…

しばらく登って休憩。

膝に手をついて止まり超うるさい ぜーはーぜーはー をやって再び登る。

暫くは静かだがすぐに ぜーはー が始まりあとは繰り返す。

さすがにロングの選手で俺みたいにヒーヒー言ってる奴いないなぁ〜!(;´Д`A

 

必死に登ってたら突然流れが悪くなり…

止まった!( ゚д゚)

40キロ地点のだいぶ手前!何故渋滞したのか全然わからない!?

えぇ!?事故!?こわいこわい!

f:id:marathondojo:20160921154559j:image

渋滞の先頭から情報が下に降りてきました。

蜂大量発生!駆除必要!

駆除班到着まで待機!トラトラトラ!

 

ここに来る手前でも蜂が大量発生してる箇所があって駆除班がスプレーで駆除していました。その横を あぶない、あぶない …私ねぇ~悪知恵が働くんよ。(by 福田和子   すいません!わからない人には全く意味不明ですね!) とふざけながら通過しましたが待機させる位だから余程なんだね。

 

山の斜面でみんなで待つ。斜面で休憩も疲れるね。

俺の後ろは綺麗なご婦人だった。

 

「蜂、大丈夫ですかね~。長くなりそうですね。」

「そうですね。でも山なんで色々ありますし仕方ないですね。 駆除班の方は下から登ってくるんですかね~。」

「どうなんでしょうね~。あっ!シューズHOKAですね!どうです?HOKA?」

「HOKAに無いくらいいい感じっす!!」

「……」

山は100m標高が上がると気温が0.6℃下がると一般的には言われているが俺はこのやり取りで10℃位は気温を下げたようだ。

 

50m下がって下さい!

の指示が上から降りてきました。

えぇ~せっかく登ったのに降りるのーー!!(´Д` )

って皆言ってたけど皆さん素直に聞いて少し降ります。

大変だなこりゃ!((((;゚Д゚)))))))

 

駆除班は来るのか!?

 

次回、

第6回  白馬国際トレイルラン  その7

今回のレポ長くなっているけど読んでね!!

 

ランキングはもう駆除されちゃってるかも。

人気ブログランキング

 

 

第6回 白馬国際トレイルラン その5

大会レポート 2016

 2つ目のお山 岩岳 に登ります!

f:id:marathondojo:20160918093444p:image

岩岳里山エイド (14.7キロ地点)を出るとすぐ登り。

気合を入れてスタート!

f:id:marathondojo:20160918093413j:image

 

出た!岩岳名物!犬の寝床 342段!!

っていちいち段数教えてくれなくてもいいぜ!342段っていうと飛騨高山ウルトラマラソンの千光寺の108段の3倍だな!なんて思いながら…

f:id:marathondojo:20160918093532j:image

ぜーはーぜーはー 言いながら登る!

f:id:marathondojo:20160918093842j:image

この登りは八方尾根と違って前ももの筋肉に負荷がかかるね。このまま続くと太もも攣るんだろなぁ~って思いながら登っていきます。

 

俺みたいな初心者はムチャするとすぐ死んでしまうので死なないようにゆっくり行くぜ!それにしても楽させてくれないな。

おっと!危ねぇ~~!!

気をつけないと死んじゃう!

f:id:marathondojo:20160918095947j:image

 

もうすぐ岩岳山頂!

17キロ地点で1時間遅れでスタートしたミドルのトップ選手に抜かれる!速いなぁ~!! 頑張って下さい! と声をかけて道を譲る。

f:id:marathondojo:20160918094140j:image

 

岩岳山頂に無事到着!!前ももも何とか大丈夫だぜ!

18.6キロ地点の 岩岳山頂 スカイアークエイド ではそばとうどんが振る舞われていた。もちろん両方頂く。

f:id:marathondojo:20160918094153j:image

エイドまでの登りを走ってくる選手を見ながら呑気にうどんを食べてたら…

ミドルでゲストランナーとして参加している

鏑木さん到着!!

((((;゚Д゚)))))))

生鏑木毅の走る姿を見て感動!!めちゃカッコイイ!!

鏑木さぁ~ん!!\(^o^)/

と言ってたら写真を撮るのが遅れてしまった!

赤いウェアのランナーが鏑木さんです。コーラ一口飲んで行ってしまった!一流は違うね!うどんとそば食べなくていいの!?美味しいよ!!

f:id:marathondojo:20160918094504j:image

 

 

岩岳登ったらすぐ下山よ。岩岳の下りもめっちゃ走り易い!でもね。スタッフの皆さんがちゃんとコースを整備してくれてたのが走っててすごくわかりました!草も刈ってあるし、急斜面は脚が置けるよう段をつくってくれてて無ければただ滑り落ちてましたよ!でもやっぱりもし雨が降ってたら滑って転んでたと思う。

山を下りたら おかるの穴エイド だ!

 

レッドブルガールがいると聞いていたのでかなり期待して来たんだけど中学生の子たちが一生懸命配ってました!レッドブルガールもいいかもだけど中学生スタッフもカワイイぜ!ホントありがとよ!

f:id:marathondojo:20160918094542j:image

ところで おかるの穴 って何?

(´Д` ) 

白馬の昔話  

おかるさんっていう評判の嫁さんがいたんだって。ささいなことから姑と仲がこじれ腹が立ったおかるさんは村の氏神様から般若の面を持ち出し姑を脅したんだって。姑は気絶する位びっくりしておかるさんはうぇーい!って満足して面をはずそうとしたらその面が取れない!やっべぇぞ!ってなったおかるさんは岩にあった横穴に身を隠したんだって。でなんだかんだで おかるの穴 って呼ばれることになったんだって!

(超雑な説明で申し訳ない! パンツの穴 じゃないぞ!間違えるなよ!)
 
もちろんスタッフに聞く。
「すいません!パンツ…いや!おかるの穴ってどこです!?」
「ごめんなさい!!わかりません!!」
「なんか逆に聞いちゃってごめんなさい!!(´Д` )」
 
 
 おかるの穴エイドを過ぎると牧寄スキー場のちょっとした山がある。
こんな気持ちよさそな所を走らせてもらえる!すごくいいでしょ!(≧∇≦)

f:id:marathondojo:20160918094700j:image

でもブンブンブン蜂が飛ぶ~!

ちょっと蜂がいるねぇ~気になるくらい。

そう言えば昨日のコース説明会で蜂が多いので気を付けて下さいって注意喚起がされてたね。で、ポイズンリムーバーを携行し黒い格好も避けるように言われてた。

でも俺、ポイズンリムーバー結局買って無いしウェアも黒で来ちゃったよ。(;´Д`A

大丈夫かな。

 

31.8キロ地点の 塩島エイド に到着!!

ここにも蜂がいるぜ~~!女子高生のスタッフがキャーキャー!!悲鳴を上げてました!9時間完走目標ペースでは12:34到着予定でしたが40分位速い!いいぞ!

f:id:marathondojo:20160918094729j:image

 

さぁ!残りあと1山だぜ!

いくぜ~~!!(;´Д`A

 

次回、

第6回  白馬国際トレイルラン  その6

どうなるかなぁ~~。

 

ランキングはもうどうにもならんよ~~。

人気ブログランキング

 

あと記事にコメントくれたら超喜びます。

(≧∇≦) 

 

第6回 白馬国際トレイルラン その4

大会レポート 2016

9月11日  朝4時

 

普段から4時に起きてジム行ったり朝ランしたりラジバンダリしてるから早起きは平気。じじいだから眠りが浅いってのもあるけど…。

チェックインの時、明日の朝食は弁当ですが何時にご用意しておいたら宜しいですか?と聞かれたので4時半でと伝えておいたらちゃんと4時半に用意してくれてた。いや〜ありがたい!

(地下通路を歩いてフロントまで行くのが面倒だったけど)

f:id:marathondojo:20160916124850j:image

しっかりと準備を整えて6時に旅館を出る。

旅館から会場までは近い(300m位)から便利だ!

 

 

会場到着!

(自撮りしてみました)

天気もなんとかもちそうだ!

f:id:marathondojo:20160916125137j:image

いや〜皆さん速そう!かなりビビってるぜ!

f:id:marathondojo:20160916124908j:image

すぐにキャラメルさん、松パパさんと合流!

キャラメルさんの後輩も加わりシューズ円陣!

f:id:marathondojo:20160916124918j:image

スタート前にゲストの皆さんの挨拶なんかもあって大いに盛り上がる。

(松野明美さんすんげぇ喋る!)

 

で…

白馬国際トレイルラン

( ロング )

スタート!!

やっとね。やっとスタート。

f:id:marathondojo:20160916125003j:image

まずは八方尾根をどーんと登ります!

一気に500mはいっちゃう!

f:id:marathondojo:20160916125045p:image

山に入る前に長野五輪スキージャンプ競技で使われたジャンプ台へ向かう。

f:id:marathondojo:20160916125227j:image

デカイね!コレの上から滑ってきてジャンプするなんて考えられんわ。

ジャンプ台から山に入る所で福田六花さんが応援してくれてたのでハイタッチして山に入る。

 

八方尾根の登りは山の斜面をひたすら行く。階段みたいな登りじゃなく岩や木の根に脚をかけて登る感じでもない。普通に斜面だ!当たり前だけど足首が斜面の角度に合わせて上向きになるとふくらはぎが伸びる。その状態でひたすら登るとふくらはぎへ負荷がかかってるのがよくわかった。

コレがずっと続くとふくらはぎが攣るんだろな。そう感じたけど攣らないことを祈って登るしかない。

 

無事頂上へ到着!

f:id:marathondojo:20160917171948j:image

いや〜よかった!マジで!(;´Д`A

 

登ったら今度はガッーーっと下り!今頑張って登ったばかりなのにすぐ下りちゃいます。八方尾根の下りの写真は無いですが走りやすかったです。初心者の俺は登りも下りも苦手なのでガンガン抜かれます。みんな速いなぁ~!!

天気が曇りで気温も18℃位でちょうどいい。前日晴れていたのでグチョグチョのトレイルではなく適度に湿り気のあるベストなトレイルでした。

八方尾根は初心者の俺にも易しいコースだった。ただもし雨が降ってたら登りも下りもだいぶ滑ったと思う。

 

八方尾根を下りた後はしばらく平坦な道が続く。コレ!こういうのですよ!俺がずっと思い描いていたトレイルランニング!(宮沢りえバージョン!) 楽しーーー! って言いながら走る!o(^▽^)o

f:id:marathondojo:20160917173034j:image

12.5キロ地点の 松川橋(藤森酒店) に到着!

ここはエイドじゃないんだけどエイドが出てました!

ありがたい!!

f:id:marathondojo:20160918083324j:image

しばらく進んで 岩岳里山エイド (14.7km地点) に到着!

ここの到着予定は9時間完走ペースなら9:34なんだけど30分位早く着いた。

f:id:marathondojo:20160918084545p:image

さぁ2つ目のお山 岩岳 登るぞ!!

 

次回、

第6回 白馬国際トレイルラン  その5

に続くよ。

 

ランキングのお山は全然登れず!!

人気ブログランキング

 

第6回 白馬国際トレイルラン その3

大会レポート 2016

16時から行われるトークショーを見るため再び八方文化会館に到着。

 

おぉ!!鏑木毅さんだ!!

鏑木さぁ~~~ん!!

\(^o^)/

f:id:marathondojo:20160916124625j:image

鏑木さんより各コースについてのお話がありました。

 

ショートとミドルに関しては余裕を持って走って頂けるが…ロングコースは51kmで累積標高差が2800m。コースレイアウト自体はスタンダードと言ってもいいが制限時間が正直かなり短い。申し訳ないがロングだけはちょっとレベルが高い大会になっているかなと思う。

 

というありがたいお言葉でロングに参戦するランナーが皆凹む。

 

その後、福田六花さん、三好礼子さんも登壇し3人による楽しいトーク。女性タレント最速ランナー西谷綾子さんによるウォーミングアップ講座なんかがあった。

f:id:marathondojo:20160916124637j:image

表に出ると松パパさんがいた。2人で喋ってたら白馬村村長が日本酒を持ってこっちに来た。

「どちらからお越しですか?」

「あっ。名古屋です。」

「そーですか」

「……」「……」

村長さんとの会話が続かず困って松パパさんに助けを求めようと横をみたら松パパさん完全に 電源OFF にしてた。

ずるいぞ!

f:id:marathondojo:20160916124655j:image

ふるまい酒で日本酒、ビールや酎ハイなんかも無料でバンバン配ってました。

明日レースなんでお酒は我慢!

松パパさんと 豚汁 うどん を頂く!旨かったぜ!

f:id:marathondojo:20160916124709j:image

f:id:marathondojo:20160916124720j:image

福田六花さんのライブを観て…

f:id:marathondojo:20160916124733j:image

旅館に戻る。

怖い地下通路を通ってアネックス館へ。

うわっ!カエルだ!

f:id:marathondojo:20160916124747j:image

風呂に入り、夕食を頂く。

でここからが大事!明日のレースの計画を立てる。

(ノンアルビールとともに)

f:id:marathondojo:20160916124759j:image

トレイルランニングのレースにエントリーする際に参考にしているのがこの本。

距離、累積標高差、レースの難易度、大会の特徴なんかが書かれている。

トレイルランニングをこれから始めようと思われている方にはおススメの一冊だ。

f:id:marathondojo:20160917100242j:image

この本によると今回の白馬国際トレイルランは中級に分類されている。

 

レース計画をたてるために山を登った経験を思い出してみる。(´Д` )

 

小学校5年 野外学習  登ったかわからんがカレーは食った。

中学校2年 野外学習  登ったかわからんがカレーは食った。

高校1年  林間学校  登った。で、カレーも食った。

今年3月  新城トレイル11K  登った。カレーは食ってない。

今年7月  志賀高原マウンテントレイル(40km)  登った。

カレーは行く前に食った。

 

11キロから一気に40キロ!さらにハードルを上げて今回は50キロだ。(´Д` )

前回の志賀高原では制限時間10時間のところ何とか8時間を切るタイムでゴールできた。40キロで8時間。単純に計算すると50キロだと10時間かかる走力ってことだ!白馬は51キロで制限時間10時間だから単純計算では間に合わない。

 

過去2回の少ない経験で中程度のトレイルランニングの大会を完走するには山で 10キロを2時間以内で走る走力 が最低限必要になると思っております。もちろんコース全体で登りあり下りありその高さとかコース自体の走りやすさとかありますが本当に単純に言うと10キロ2時間以上かかる走力だとどのレースでも完走はかなり難しいんじゃないかと思っております。

 

で現時点での俺は10キロを2時間以内で走る走力がギリギリあるか?ってレベル。まずは志賀高原で何故40キロに8時間かかったのか考えてみた。

 

1 .  そもそもタイムのことを考えていなかった。

2 .  途中で脚が痛くなって走れなかった。

3 .  経験不足

 

3についてはどうしようもないので今後の課題とするしかない。1については前回は10時間でゴールできればいいやって気持ちでツイッターをしながらブログ用の写真を撮りながら走ってたからな。今回は控えめにしてタイムをちょっとは意識しよう。

問題は2だな。2の脚が痛くなっただ!

 

過去2回の大会ではノースフェイスのウルトラトレイルってシューズを履いて走りました。どちらかと言うとクッションは少なくスピードランナー用のシューズだ。これが自分のレベルにあってない!もうちょっとクッション性の高いシューズに変更したほうがいいだろってことでHOKAを購入!

f:id:marathondojo:20160917100324j:image

シューズに関してはこれで大丈夫だろう。トレイルからロードになったときにクッションの無いシューズだとダメージが結構ある。このシューズなら硬い路面にも対応できる。

あともう一つ脚が痛くなった原因がある。実は左足の土踏まずのところと足の指の間がぐちゅぐちゅになってて皮が剥けている。普通に歩くだけで結構痛いって状態がずっと続いている。

いわゆる 水虫 ってやつ!?((((;゚Д゚)))))))

でこれを何とかしないととても50キロなんて走り切れないと水虫の薬を買ってきて足に塗りまくってたんだけど全然治らない!!たまらず病院へ!( ;´Д`)

 

先生 「水虫じゃないよ。コレ。」

俺「えっ!?マジっすか!?嘘だー!見てわかるんですか!?」

先生「俺、医者だよ。」

俺「あっ。すいません!(;´Д`A 」

先生「薬出しとくからぬっといて~。」

30秒で診察終了。汗による湿疹だったようです。薬塗ったらすぐ治りました。病院はいっとくもんですなー。

 

よっしゃーー!!

脚の不安も

これで大丈夫だぜ!!

うぇい!!

 

あとはタイムスケジュール。今回は時間ギリギリでもいいんだけど10時間で設定すると不測の事態が起きた時にえらいこっちゃになってしまうので、9時間での完走を目指す!1キロ10分30秒ペースだ!そのペースでの各エイドの通過時間を記入。ただ登り下りがあるので一定のペースを刻んで走ることはできない。10分30秒ペースで余裕なところは〇印、足りないところは✕印、ちょうどいいところは△を記入。そうすることで気持ちが焦らないようにしておく。

f:id:marathondojo:20160917113646j:image

 

あとは走るだけだ!!

 

 

次は絶対走るはず!

 

次回、

第6回  白馬国際トレイルラン  その4

期待しててね!

 

ランキング何位か見れるよ

人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6回 白馬国際トレイルラン その2

大会レポート 2016

名古屋を出発して約4時間、中央道を走り長野自動車道で安曇野インターへ。明るい内に中央道を走るのっていいね。愛知から岐阜、岐阜から長野に入っていくんだけど うわぁ〜!って山が現れてワクワクする。安曇野インターで降りてそこから白馬まではまだ50キロ位あるぜ!

 

今回俺が参加するロングの部は前日受付。大会の方で取ってもらった宿に前泊し明日の朝レースだ!

明日は雨らしいが今日は天気がいいなぁ〜。

f:id:marathondojo:20160914221355j:image

会場に到着し受付を済ます。

受付で沢山の参加賞を貰って喜んでいると…。

「バンさぁ〜ん!」

と声が…。キャラメル さんだ!

「おぉ!キャラさん!」

( ´ ▽ ` )ノ

キャラメルさんは俺のブログを2ヶ月位前に読んでくれてそれから1ヶ月半後に愛知会で酒を飲み、その2週間後にこうやって一緒のレースに参戦!とまだ短いがなかなか濃いお付き合いをさせて頂いてる。

キャラメルさんは元々スキーをやってて山に詳しい。白馬国際トレイルもミドルを走った経験があるので色々と教えてもらった。この辺りは結構滑るから気を付けてなんてアドバイスをもらう。

f:id:marathondojo:20160914221414j:image

2人でダラダラと喋っていたら14時になり1回目のコース説明会の時間になった。

f:id:marathondojo:20160914221426j:image

 アリーナの中に入り座っていたら 松パパ さんが来た。

「おぉ!ばんばさん!」

「おぉ!松パパさん!!」

( ´ ▽ ` )ノ

挨拶を交わす。松パパさんとは春に初めてお会いしお花見ランをさせて頂いた。

先日の愛知会でも楽しくお酒を飲んだ仲だ。レース前でもビールから酎ハイの勝利の方程式を崩さないブレない男、俺と同じくUTMFへの参戦を目指すランナーだ!

俺は松パパさんのことを どこまでも走る男 と呼んでいる。

 

大会のスタッフによるコースの説明が始まった。

まずは序盤の八方尾根のコース変更。放牧されている牛がとても狂暴(人が好き?)でランナーが通過するとランナーに向かって突進してくるおそれがあるため通過ができず約800m~1km距離が短くなるとの説明があった。

 

距離が短くなるならそんなありがたいことはないぜ!1cmでも短いほうがいいぜ!!

*(^o^)/*

(だったら何故ロングにエントリーしてるんだ!お前!)

 

あとはコースの草を刈りました とか マウンテンバイクが走行した後の轍をならしました とか下りの急斜面で危険な箇所は脚を置きやすいよう整備しましたとかの説明。

 

で、気になったのは…

蜂が多いので注意してください!

(´・Д・)」

って話。

コース上にある目立った蜂の巣は駆除しました。

でも全てを駆除できている訳ではありません!

安全のため黒い服装は避け、ポイズンリムーバーを携行することをおすすめします!

 

マジか!?そんな蜂いるの!?((((;゚Д゚)))))))

俺、ウェア黒持ってきちゃった!

でもそうは言ってもどうなん?刺されるかね~。

 

説明会が終わり松パパさんとアリーナを出る。

一旦会場を後にして宿泊する宿へと向かう。会場までの距離は300mくらいだ。近いってのは本当にありがたい!

 

なかなか立派なホテルのフロントでチェックインの手続きを済ます。

俺が宿泊するのはフロントのある本館じゃなくてアネックス館らしい。

アネックス館って言葉の意味はよくわからんがとにかく凄くハイカラじゃねぇか!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

アネックス館は一旦地下に降り、地下通路を進み途中の大浴場を越えた先にあるらしい。

地下通路こえぇーーよ!!

(;´Д`A

f:id:marathondojo:20160915201927j:image

で、アネックス館に入るのだがアネックス館から外に出れたので出てみると…

おい!向かいのボッコイ旅館じゃねぇか!o(`ω´ )o

f:id:marathondojo:20160915201956j:image

(でもね。サービスもすごく良くて宿泊してとてもよかったですよ!ホテルの女性の方!笑顔がとても素敵で優しかったです!)

 

で、またまた走らず次回に続く…。

次回、

第6回 白馬国際トレイルラン  その3

次回もまだスタートしないかも~。

 

ブログランキングも全然走り出してないよ~~。

人気ブログランキング

 

 

 

 

第6回 白馬国際トレイルラン その1

大会レポート 2016

第6回  白馬国際トレイルラン

 

2016年9月11日 日曜日 

 

大会情報

エントリー期間  2016年5月25日~2016年7月31日

エントリー難度  ☆☆

(人気の大会だが早めにエントリーしたら大丈夫)

参加料  9500円(ロング)、6500円(ミドル)、4500円(ショート)

種目    ロング(51.4km)、ミドル(35.7km)、

ショート(20.7km)、ファミリーラン(6.9km)

スタート時間  7:00(ロング)

受付  ロング、ミドルは前日受付

参加賞 

Tシャツ、パスタ、ドリンクなど色々

f:id:marathondojo:20160913210138j:image

駐車場  

コース   (ロングコース)

f:id:marathondojo:20160913210217p:image

f:id:marathondojo:20160913210241p:image

 

 

 

イメージしてたものが

実際は全然違ってた!

てこと結構あるよね。

 

高校1年生の俺。剣道部で同学年の フナキ ぶ~にゃん といつも一緒にいた。

高校1年って受験も終わってなんかフワフワしてる時期。部活の女子にムリクリお願いして  誰か女子を紹介してくれーー!!なんてやりだす訳です。

で、当時は携帯なんか無い時代だったので他校の女子とまずは写真を交換して次の展開に行きましょうってなりました。

 

写真到着!!

俺「フナキ!ぶ~にゃん!写真がきたぞ!!」

フナキ「ばんばさん早くみましょうよ~ぅ!」

(彼は同級だが俺のことを何故かさん付けする)

ぶ~にゃん「 … 」

写真拝見!!

俺「 …… 」

フナキ「おっ!おぉ~ぉ!」

ぶ~にゃん「 … 」

俺「うーん。微妙だな。ちょっとポッチャリしてるな!」

フナキ「ばんばさん!そんなことは無いです。ほらこうやって鼻と口を隠すと…宮沢りえみたいです!うわぁ~羨ましいっす!宮沢りえを紹介してもらったっす!」

ぶ~にゃん「 … 」

俺「宮沢りえでは無いだろ!」

フナキ「いや!実物は宮沢りえっす!うわぁ~!羨ましいなぁ~!」

俺「お前!俺が紹介してもらうのをキッカケとして自分に繋げたいだけだろ!」

 

やや斜めのアングルから撮られたふくよかな女性が写真に写っていた。どんなチャンスも逃さない俺たちは数週間後待ち合わせに指定された某駅前のバスターミナルにいた。

 

紹介の日!!

待ち合わせの場所に向かったのは俺とフナキ。

ぶ~にゃんは色々とマイナス要素があるだろうと今回控えに回ってもらう。

バスターミナルの指定場所に女子高生2人。あれだ!紹介してもらったのは!

 

でっ!でかい!!

実物の宮沢りえは写真は何だったんだろう?というようなデカさだった。

俺「おい!フナキ!写真と違うぞ!宮沢りえではないぞ!」

フナキ「おぉ~!宮沢りえっすぅ~!」

俺「写真よりだいぶ階級を上げてきたな!まだ1階級も制覇してないのに!」

フナキ「いや性格は宮沢りえっす!」

俺「宮沢りえじゃなくて、こりゃ!りえママじゃねぇか!!」

 

でもフナキの次に繋げたい気持ちと何か嫌な顔もできない感じになってミスドでドーナツ食べてジュース飲んでそれなりに笑って帰ったのでした。

 (チャンチャン…♫)

 

イメージしてたものが

実際は全然違ってた!

あれから数十年!

りえママのトラウマからも脱却し普通の中年男性になりました。

そんな中年男がある日、UTMFというトレイルランニングの大会を知り俺も走ってみたい山を!ってなりました。

俺「トレイルランニングって山の中を自然を感じながら楽しく走るやつだよね!」

もう1人の俺「そうそう!落ち葉とかあってフカフカのところを走ったりするらしいからロード走るより膝とかにも優しいよね!」

俺「あとさ!山の中にちゃんとエイドもあって熱々のうどんとか食って うめぇ~! とか言っちゃうんだよ!楽しそうだね!」

もう1人の俺「そうそう!楽しそう!」

 

で今年3月、お山の経験が無いままトレイルレースにいきなり参戦!!

 

marathondojo.hatenablog.com

 

岩壁を登り、崖を下る!

( ;´Д`)

 

 

引き続きお山の経験をせずにトレイル2戦目!

 

marathondojo.hatenablog.com

 

すんげえ山を登り、

脚にくる坂を降りる!

((((;゚Д゚)))))))

 

と、とれいるって…?こんな感じなの…?

イメージと全然違った…!

俺の中のトレイルランニングのイメージはレース参戦をきっかけにダメージとなり、

山 = 危ない & 怖い

と十数年の時を超えて再びりえママの思い出が蘇ったのでした。

 

で、何を狂ったか。トレイルレース3戦目!

来たぜ!!白馬村!!

f:id:marathondojo:20160914143858j:image

 

 

次回、

第6回 白馬国際トレイルラン その2

お楽しみに!

 

トレイルど素人はどうなるのか!?

全てのトレイルランナーとトレイルランに興味がある人に読んで頂きたい記事になるかはわからないぜ!

 

ブログランキングもどうなってるのかよくわかりません!

うぇい!

 人気ブログランキング